racss blog

6月は家庭菜園成長期!間引き菜を味わう

calendar

reload

6月になりました。
2018年は気温が上がるのが遅い。
5月は昼間は温かくても夜の気温が一けたなので定植した苗たちも伸び悩んでいる感じがあったけど。
これから成長期を迎えたら一気に大きくなるはずです。

スポンサーリンク

6月1日 ほうれん草と小カブの間引き・スナップエンドウの花・ルバーブの花

6/1 Friday
 
今日から6月。

ようやく夜間の気温も安定して10度を超えるようになった。
 

ほうれん草と小カブ


ほうれん草と小カブのエリアがわさわさと茂っている。

カブのほうにはオレンジと黒の模様のナガメが・・・。
交尾中のペアがたくさん。このまま放っておいては増えてしまう!
できる限り駆除いたしました。
 

間引きしたあと。
間引きのコツは、隣り合っているものなら小さい方を抜く。
1週間から10日おきに間引きして、一つの株がしっかり根を張って大きくなれるゆとりを作ってあげる。
間引きしながら育てる方が、結果的に収穫量が増える。
 

チビほうれん草をたっぷり収穫。
 

まだ根っこも柔らかいので、丸ごと茹でてお浸しにしました。
 

小カブの間引き菜もたくさん。
 

小カブはオリーブオイルで炒め煮。
可愛い形を生かす料理がいいと思う。
 
葉の方は明日煮びたしにでもしましょ。 

こちらは冬越しのほうれん草。
すっかり大きくなりました。
中央につぼみが見えてきたので、とうとう収穫です。
 

スナップエンドウ開花


スナップエンドウの花が咲いていた。
気温が低いうちでも育つはずのスナップエンドウだけど、このところ風が強くてだんだん弱ってきているようだった。
折れたせいでしおれてしまった株も。
それで遅ればせながら、数日前にストレッチフィルムを使って根元部分に風よけをしてあげた。
気のせいか、それからぐっと伸びたように見える。
 
「野菜苗の風よけは梱包用ラップが便利」 

青シソ定植


キュウリの足元にお友達が種から育てた青じその苗を定植。
 
毎年こぼれだねで出てくるうちの紫蘇たちは、まだちっちゃな芽の状態なので、青シソの苗をもらえてうれしい。
 

ルバーブの花が伸びすぎ


ルバーブの花、どんな姿になるか1本残しておいたら、ぐんぐん高く伸びた。
花は全然かわいくない、穂のようなかたち。
種を作ろうとするとパワーがとられるので、今日花をカットしました。
 
来週あたり、ルバーブの初収穫ができそう。

かぼちゃの芽


5月11日にポット蒔きしたミニカボチャの芽。
赤いポットのがそう。
本葉が出てきた。もう少し大きくなったら「温室」内に定植しようと思う。
同時にまいた青いポットの枝豆は出てこない。きっと寒かったから発芽できないのだろう。
 

枝豆の発芽


保温シートでマルチした畝に5月25日に直播きした枝豆の方は1週間で発芽。
順調ですね。
やっぱり枝豆、地温をあげるのは大切なんだな。
 
こちらの記事でも書いています。
「枝豆の育て方|北海道の種まきの時期とは?」

6月10日 ほうれん草・春菊・小カブ 間引き収穫(2回目)

6/10 Sunday 

夏日が数日続いたかと思ったら、スコールのような雨が降った日があり、それから急に気温が下がって今日は最低気温が5度!
農作物には霜注意報が出ていた地域もある。
あまりにも寒いので、一度片付けたストーブがまた出番です。
 

10日前に間引きしたほうれん草や春菊、小カブがまた大きくなってきた。
 

ほうれん草には花芽が見える


順調に大きな葉に育っているほうれん草だけど、いくつかの株には奥の方につぼみがついている。
もうとう立ちを迎えてしまうのか・・・?
そのまえにどんどん食べましょう。
 

やっぱりほうれん草はお浸しよね。
 

春菊はサクサクかき揚げも美味しい


春菊は太い茎に育っているけれど柔らかい。
春菊は夫が嫌いだからほんの一列しか植えていないのですけどね。
混んでいるところを間引いたら結構な量になった。
大量のほうれん草と一緒に収穫カゴへ。
 

春菊嫌いだけど、かき揚げなら食べるよ。という夫のために、揚げました。
天つゆにはちょっぴり酢を入れてさっぱりと。
 

小カブは最大サイズのものも


小カブも混んでいるところを間引いたけれど、すっかり大きくなっている。
これは間引きというより本収穫ですね。
直径8センチくらいかな。これがこの種の最大サイズだと思う。
 

大きいものは母が漬物にすると言っていた。
小ぶりなものを半分に割って、葉を刻んで、豚肉と一緒にぐつぐつ。
煮びたしのような、スープのような。
今日は寒いので温かいものが美味しい。
 
このカブ、100円ショップの種だったはずだけど葉も茎も柔らかくて食べやすい。
葉の方が栄養価が高いというから、無駄なく食べたいけれど固かったらヤダもんね。
品種のせいもあるし、雨でしっかり水分補給できたからかもしれない。
 

キュウリに実がついてきた


いつの間にか長く伸びて土についてしまっていた「黒サンゴ」の茎を支柱に誘引。
花が3つか4つついて、実になりそう。
下の方の花はとってしまった。少し大きくなってきている1つだけ残してある。
キュウリ4株のうち、こんなに花が付いていたのは1株だけ。
「星光」という品種のキュウリの方はそこまでのびていない。
 
今年はキュウリ、どれくらい採れるでしょうか。



この記事をシェアする

書いている人

racss

racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家です。
暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中。
最近のお気に入りは糖質制限の食事と家庭菜園。

お仕事のお問い合わせはメールフォームよりお気軽にどうぞ! [詳細]