racss blog

7月の家庭菜園|ほうれん草の跡地でカブを育てる

calendar

西日本で大雨の被害が出ています。
北海道でも例年にない雨続き。

きゅうりもピーマンもなかなか大きくならないのでヤキモキしているけれど、昨年の7月の記録と比べるとそれほど遅れてもいないみたい。
7月後半に入って暑くなってくると、グンと成長するはずなので辛抱辛抱。

うちの家庭菜園7月の記録です。
随時後ろに追記していきます。

スポンサーリンク

7/2 ほうれん草かき取り収穫でまだ粘っています

7月2日

ほうれん草、まだ完全にトウが立っていないものの葉をかき取り収穫して食べていたけれど、そろそろ限界かな。
カブと隣り合っていた部分のほうれん草が一番大きく育って、最後まで大きな葉をつけていた。
 

かき取り収穫したほうれん草の葉は、そのままフライパンでオイル蒸し。
卵も一緒に。

7/6 ほうれん草終わり

7月6日
 
ほうれん草エリアすべて引き抜き、最後の収穫をしてから土の天地返し。
 

スナップエンドウは元気。
2日に一度見回ってこのくらい収穫。甘くて美味しい。
北海道では秋口まで収穫できるので、つるの誘引や整理をこまめにすると長持ちするはず。
 

小カブの後に植えたレタスと、種まきレタス。
種まきして6日で芽が出てきた。
 

トマトの合間のほうれん草、少し大きく。
 

春菊はのびる度にはさみでカットし収穫。
その都度、卵とじにしたりかき揚げにしたりできるので気に入っている。
 

キュウリはまだまだ株が小さいけれど、ときどき大きな実が採れるようになってきた。
今年2本目のキュウリ。

うどん粉病発生しているが、木酢液スプレーで対策。
小さな実がたくさんつくが、下の方のはとってしまっている。
 

6月26日に種まきしたつるなしインゲン。
まいたのに芽を出さない場所もある。まき直しが必要。

7/13 寄居カブ、小松菜種まき

7月13日

ミニトマト1個だけ色づいている。
あと半月もすればミニトマトの収穫最盛期に入るはず。


ピーマンの花がたくさんついているが、ほとんどとってしまった。
もう少し大きくなってから実をつけさせる予定。
ただし、カラーピーマンは熟すまで時間がかかるからそろそろ実を大きくしていったほうがいいのかな。


スナップエンドウのつる、伸び放題だったので誘引。
このまま伸ばしていくか、摘心して脇芽を出させるか迷い中。


ピーマン横のインゲン、芽が出ていないところをまきなおし。
40センチ角くらいの小さなスペースが空いているので、小松菜の種をばらまき。


ほうれん草跡地は2日前に元肥を混ぜて鋤き返し、整えておいた。
そこへカブの種まき。
寄居カブといって葉もおいしい品種。
間引きしながら食べるのが楽しみ。
カブは真夏の暑い時期は苦手らしいけれど、収穫時期と重ならなければいつでも育てられる。
40日くらいで大きいサイズになるはずなので、今まいたのは盛夏にぶつかってしまうかな?
小さいうちにもどんどん食べようと思う。
秋からは枝豆の跡地にまいてもいいかも。



この記事をシェアする

書いている人

racss

racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家、調理師です。
暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中。
最近のお気に入りは糖質制限の食事と家庭菜園。

お仕事のお問い合わせはメールフォームよりお気軽にどうぞ! [詳細]