racss blog

8月の家庭菜園 ピーマン好調キュウリ絶不調

calendar

北海道の札幌近郊での家庭菜園記録です。
1週間に1度ペースの手入れです。
プチトマトやキュウリは随時収穫しているので写真はないものも。
今年は家を空けることが多いため、手抜き栽培ですがどうなるかな。

スポンサーリンク

8/6 ピーマン初収穫

8月6日
1週間ほど出張仕事で留守にしていたら、すっかりピーマンが成長していた。

同じ段に鈴なりになっているので、間引いて収穫。
本当はもっと大きくなるはず。
緑のほかに赤と黄色を植えているけれど、色が変わるまでにはだいぶ時間がかかるみたい。
もちろん緑のうちに食べてしまってもいいので、赤ピーマン黄色ピーマンの株からも間引き収穫。
 

レタス元気。
先に植えたほうのは若干巻いてきた。
あとから直播きしたレタスも順調。
 
後ろの列は春菊。
先っぽを摘み取っては食べていたけれど、留守の間に黄色い花が咲いていた。
結構かわいい花なんだよね。
 

いない間にスナップエンドウはすっかりからから。
撤去し、根元から生えているチビのを誘引してやった。
 
ちなみにうどん粉病にやられたキュウリは、2株ダメになってしまった。
今年はキュウリの収穫があまり見込めなさそうですね。
残っている「黒サンゴ」2株の頑張りを応援しましょう。
1週間に1本くらいは採れているのだけど、毎日1本ペースで採れていた去年との差にがっくり。
これでは苗代の回収が精一杯ですねえ。
 

プチトマトの根元に植えてみたほうれん草。
花のつぼみが見えますねえ。
やっぱりこの時期に育ててもいまいちか。
日陰になれば夏でも育てられるかなと期待したのですが、大株にはならないようですね。
あらためて秋採りするために8月中に種まきしようと思う。
9月からまいたのでは遅いということは実験済みなのです。
「秋まきほうれん草と小松菜の育ち方 in北海道2017・9月からのチャレンジ」
 

カブもしっかり葉を茂らせている。
間引き収穫。葉も柔らかく美味しいことで定評のある「寄居カブ」なので楽しみです。
 

小松菜のチビたち。
そろそろ間引きしないといけないけれど、今日は時間がない。
 

インゲンに花が咲いていた。
インゲンも好きなので楽しみですね。
 

ということで今日の収穫。
ピーマンとプチトマト、青シソ、カブの間引き菜、レタス。
撮っていないけれど春菊もわさっと収穫しました。
 
近いうちにやること
・プチトマトに追肥
・小松菜の間引き
・カブの間にほうれん草を植えるために土づくりをする



この記事をシェアする

書いている人

racss

racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家、調理師です。
暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中。
最近のお気に入りは糖質制限の食事と家庭菜園。

お仕事のお問い合わせはメールフォームよりお気軽にどうぞ! [詳細]