わたしが食育インストラクター通信講座を受講することにした理由とは?

食育インストラクター養成講座を受講することにしました
通信講座で「食育インストラクター」の勉強を始めたので、どんな感じかご紹介したいと思います。
お家時間が増えて、なにか役立つ勉強をしたいと思っている方も多いと思うのですが、迷っている方に参考になれば嬉しいです。
まずは調理師免許を持つ私がなぜ「食育インストラクター養成講座」を受講することにしたか、その理由についてのおはなし。

「通信講座」はあまり良いイメージがなかったのだけど・・・

わたし、これまでの人生で「通信講座」には何度かお世話になっています。
学生時代の「〇〇ゼミ」にはじまり、バイト探し中にできることを広げたいと受講した「テープライター技能」の講座や、楽器が弾きたくなって始めた「キーボード講座」など。

どれも自宅でできることと、習いに行くのと比べたら格安の受講料が魅力なのですが、どのくらい成果が出せるかはやはり本人の頑張り次第ですよね。

とはいっても、最近ブームの食にまつわる通信教育でとれるという「資格」については、やや誇大広告気味な気がしてあまりいいイメージがないんです。

racss
調理師免許を持つ身としては、食についてはやっぱり現場で技術を学んでなんぼでしょ?という思いがあったりもして。
 

けれども調理師としてはもう現役ではありませんし、技術のほかに学んでおきたいことがいろいろと出てきました。
例えば食品添加物のことや、食事をとりまく環境のことなどなど。

「食育」関連の講座ではそういう学びがまとめてできそうだったので、いくつかの講座等を比較して調べた結果「食育インストラクター養成講座」を受けてみることにしました。

食育インストラクターとは?
参考 がくぶん食育インストラクター養成講座とは

食の勉強ができる講座等について比較してみた記事はこちらです▼




「食育イン ストラクター養成講座」で取れる資格は仕事には役立たない

この食育インストラクター養成講座を修了すると、「資格が認定される」ということになっています。
ですがこれは食育インストラクターの中でも「プライマリー」というランクで、一番初級となります。

だからこの講座を終えたからといって、すぐに仕事につながるとか、高く評価してもらえるというのは期待できないんですよね。もしすぐにお仕事に有利になるということを期待しているなら、がっかりしてしまうかもしれません。
(もちろん、そのつもりはなく純粋に勉強したいだけなら関係のないことなのですが)

講座案内には「こんなふうに生かしています」という先輩の口コミなども載せられているのでどうしても期待してしまいますが、活用できるかどうかはあくまでも本人次第!

こちらの記事も参考にしてください▼

そもそも民間資格ですので、国家資格を重視する人には評価されにくいんです。
1級か2級まで進むことができなければ、なかなか名実ともに仕事に役立てるというのはムリだと思います。




調理師、栄養士などが食育インストラクター養成講座を受けるメリットはここに注目

ただ、この「プライマリー」を取得しておくと、その先の上位資格に進む足がかりとしてはとても有利になります。
詳しくはこちらの記事でも書いています▼

とりわけ、もともと「食育に関する国家資格等」を持っている人がこの「プライマリー」を取得すると、上位の2級に早く進めるんですよ。

下記に当てはまる人ならメリットが大きいです。
けっこう範囲が広いので当てはまる人は多いと思います↓

「食育に関する国家資格等」とは
管理栄養士、栄養士、専門調理師、調理技能士、調理師、
家庭科教諭、製菓衛生師、
医師、歯科医師、看護師、薬剤師、
介護福祉士、保育士、保育ママ、歯科衛生士、臨床検査技師、小・中学校教諭、
大学・短大の食物科・栄養科等卒業者又は卒業見込み者、
食育に関する国・地方公共団体の特別業務就業者 等

「食育に関する国家資格等」があれば、いきなり3級の研修と試験を受けられるんですが、その次に進むのに1年またなくてはいけません。資格認定のための研修と試験は基本的に年に1回しか開催されていないからです。

ところが、先に通信講座で勉強してプライマリーを取るとですね、3級飛ばして次は2級を目指して良いことになっています。これは3級の研修内容と通信講座のテキスト内容がかなりかぶっているからだと思われます。
そして「食育に関する国家資格等」がある人は、2級の実技試験を免除されるので、なおさらスピーディに進めるというわけです。

ですから調理師や栄養士、歯科衛生士や保育の先生などの資格がある人は、通信講座を受けてから2級、1級に進む方法がおすすめ!
(受講料の合計で比較すると2万円前後高くなってしまうので、年数がかかっても格安がいいという方にはおすすめできませんけれど)
わたしの場合は「急いで目指せ2級!」ということで、まずはこの講座を受講することにしました。

わたしはそれまで散々調べた後だったので資料請求もせずいきなり申し込みをしましたが、興味が沸いた方は、まず資料請求して慎重に検討されるといいと思います。
参考 がくぶん食育インストラクター養成講座(プライマリー)の資料請求はこちらから

まとめ

わたしが「食育インストラクター養成講座」を選んだのは、食にまつわる問題について学びたかったことと、上位資格へ進むのに有利だからという2つの理由がありました。

申込みから約1週間で教材が届きました。
ただいま順調に課題をこなしているところ。内容は思っていたよりも濃いです。
また近いうちにリアルな感想を記事にしますね。

タイトルとURLをコピーしました