主婦が食の資格を取るならおすすめはこの4つです。【一覧】


注目度の高い食にまつわる資格はたくさんあります。主婦が実際に開業や就職のために活用できるおすすめの食の資格を4つに絞り込んでピックアップしました。
調理師資格を持つ主婦の目線で詳しく解説しています。
フード系の資格に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

調理師免許は主婦が取りやすい国家資格

おすすめ度 ★★★★★

食の資格といえば料理のプロとして広く認識されているのが「調理師」。
実は調理師学校を出なくても取得が可能ですので、今から取得を目指すのもアリなんです。
主婦が調理師免許を取れば、信頼度の高い肩書とこれまで培った料理の実力の両方を生かした活用ができます。

野菜ソムリエ取得で野菜のプロになる

おすすめ度 ★★★★★

「野菜ソムリエ」は野菜の専門家として認知度がアップしているおすすめの資格。
もし仕事にしたいなら「野菜ソムリエプロ」になるのがおすすめですが、主婦にとっては費用の高さがネックです。
それでも取ったほうがメリットのある人もいます。

食育インストラクターは上位資格まで進もう

おすすめ度 ★★★★

食育資格の中で最も有名なのが、料理評論家の服部幸應先生が監修の通信講座がある「食育インストラクター」。
ただし、通信講座でとれるのは基礎の「プライマリー」資格になります。
仕事に活かすためなら上位の2級、1級まで進む計画を立てるのがおすすめです。

食生活アドバイザーは仕事には活かしにくいけれど価値はある

おすすめ度 ★★★

「食生活アドバイザー」は有名なので取ってみたいと考える人は多いですね。
ただし、その名前の印象に反して、特に専門的な内容というわけではないため、「アドバイザー」として活動する肩書としては活かしづらいのが残念なところ。

その他たくさんある食の資格を比較

当ブログでおすすめしたい資格は上記の4つですが、その他たくさんある食の資格にも興味深いものが多いです。
同じジャンルの中で詳しく比較するとそれぞれの特徴がはっきりするので、自分に合うものを見つけやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました