racss blog

野菜ソムリエの資格は主婦におすすめ?野菜にまつわる民間資格5つを比較してみる

calendar

reload

野菜にまつわる資格の中で、最も有名なのが「野菜ソムリエ」です。
食材や料理のスペシャリストになりたいと思ったら、主婦でも資格をとってみたいと思いますよね。
「野菜ソムリエ」や「野菜コーディネーター」など、野菜にまつわる資格についてくらべてみました。

「野菜ソムリエ」は難易度が高い


有名な「野菜ソムリエ」(日本野菜ソムリエ協会主催)を取りたいと考える人は多いようです。

野菜ソムリエの資格を生かせる人はどんな人なのでしょうか。

結論から言うと、費用も時間も多くかかる主婦にとっては難易度の高い資格ですので、はっきりとした目的を持った人だけがこの資格を生かせます。

「野菜ソムリエ」取得にかかる費用

この資格を取るには、講座と試験料で約15万円かかります。
通学制と通信制がありますが、通信制でも試験は指定の会場に出向く必要があります。
さらに上級の「野菜ソムリエプロ」「野菜ソムリエ上級プロ」になると通学制のみになり、資格維持に更新料が必要です。

元々「野菜ソムリエ」は青果販売業者のための資格だったのが、最近では一般の人でもチャレンジする人が増え、有名人が取得したこともきっかけになって一気に認知度が広がりましたね(長谷川理恵さん、西田ひかるさんからモデルのSHIHOさんなどなど)。
しかし金額を考えると専業主婦がちょっと気軽に、というわけにはいきません。

「野菜ソムリエ」の資格を生かすためには?

それでも、野菜ソムリエの本来の役割とされる農家と販売店の懸け橋になるという目的がはっきりある場合には、この資格を持っていることが強みになるでしょう。

racss
生産者直結の食材を使ったレストランを開くとか、野菜の直売所で素材に合わせた調理法を伝えるなど、起業する際に役立てることもできます。
 

例えば、野菜の直売所に行ったとき、見慣れない野菜の説明を書いたポップに「当店の野菜ソムリエおすすめの食べ方!」なんて紹介されているのを見たことがあります。
ついつい買いたくなってしまいました。

しかし「農家のお母さんおすすめの食べ方!」というのも同じくらい魅力的です。
生産者ならではの美味しい食べ方や、大量消費レシピを知っているだろうと思うからです。

けれど「農家のお母さん」たちの中にはその知識を公開する術を持たない人が多い中で、もしここで農家のお嫁さんが世間の認知度も高くなっている「野菜ソムリエ」の資格を取ったらどうでしょうか。
講座から体系的に学んだ知識とお母さんの知識や経験を合わせたら、最強の組み合わせ!
「野菜ソムリエ」の肩書を使って世間に伝える役割ができれば、それこそ最高ですよね。

マミ
自分がどのくらいその資格を活用できるかによってチャレンジするかどうか決めるのがいいってことね。
racss
お、マミ子母さん、久々の登場ですね。

通信講座で学べるその他の野菜の資格とは?

野菜にまつわる資格は他にもいろいろあるんです。
学ぶ範囲は似通っていても費用が全く違いますので、目的によってはわざわざ「野菜ソムリエ」を取らなくてもいいかもしれません。

たとえば
野菜コーディネーター(がくぶん主催)
野菜スペシャリスト(ユーキャン主催)
ベジタブル&フルーツアドバイザー(キャリアカレッジ主催)
ベジタブル&フルーツプランナー(ヒューマンアカデミー主催)

どれも通信講座で学べ、試験があっても在宅受験なので気軽ではありますが、自分に甘い人には向いてないかも?!
それぞれの概要や費用についてすこしだけ見てみましょう。

「野菜コーディネーター」は実践的

野菜コーディネーター養成講座」は通信教育の「がくぶん」主催です。
家庭菜園についてや疲労回復のためのレシピなど、実践的な内容が多めなのが特徴。

4か月の通信講座を修了すると「野菜コーディネーター」として認定されます。
試験はありませんが、課題やレポート提出の際の点数が悪いと合格できません。
費用は36000円。(一括払いの場合)

「野菜コーディネーター」の無料資料請求はこちらからどうぞ

「野菜スペシャリスト」は広い知識が身に付く

野菜スペシャリスト講座」は通信講座のユーキャンが主催しています。
野菜の基礎知識から調理方法まで野菜と果物について広く学べる講座です。

5か月の講座を修了後、試験(在宅受験可)に合格すると「野菜スペシャリスト」に認定。
費用は39000円です。(一括払いの場合)

資料請求は下記からどうぞ。
ユーキャンの野菜スペシャリスト講座

「ベジタブル&フルーツアドバイザー」は講師になりたい人にも

ベジタブル&フルーツアドバイザー」は通信講座のキャリアカレッジが主催しています。
「アドバイザー」とつくとおり、講座やイベント等で講師をしたい人に役立つ情報も一部学べます。

3か月の講座を修了し、試験(在宅受験可)に合格すると「ベジタブル&フルーツアドバイザー」に認定されます。
費用は37000円(一括払いの場合)+受験料5600円です。

「ベジタブル&フルーツプランナー」は東洋医学をとり入れたい人に

ベジタブル&フルーツプランナー」は通信講座たのまな(ヒューマンアカデミー)が主催。
中医学(東洋医学)の考え方を取り入れた内容なのが特徴的です。

3か月の講座を修了すれば「ベジタブル&プルーツプランナー」になれます。
試験はないですが、受講中の添削問題提出が3回あり、いずれも合格基準に達していることが条件。
費用は32000円(一括払いの場合)です。

参照ベジタブルフルーツプランナーについて詳しくはこちらから

まとめ

野菜にまつわる民間資格は、野菜ソムリエ以外にもいくつかあることがわかりました。

主婦でも資格を身に着けて、将来的に仕事に生かすということもできます。
仕事にしなくても、子どもや旦那さんの野菜嫌いを治したい、毎日の料理に自信をつけたいという目的でトライする人もいます。

在宅の通信講座で学べる資格に興味のある方は資料請求してみるといいかもしれません。

無料「野菜コーディネーター」の資料請求(無料)はこちらからどうぞ

無料「食育インストラクター」の資料請求(無料)はこちらからどうぞ