racss blog

糖質制限|ココナッツオイルがダイエット成功を加速させる理由とわたしの摂り方

calendar

reload

ココナッツオイルがいろいろな健康効果があるらしいとは聞いていたのですが、糖質制限ダイエットを加速させるために食事に取り入れてみることにしました。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットを成功させるためにケトン体質を目指そう

ココナッツオイルを摂ると、糖質制限で目指したい「ケトン体質」への近道になるとのこと。
購入したのはこちらです。

「ケトン体質」というのは、糖質制限を続けていく過程で起こる体の変化だそう。
炭水化物などの糖質を食べないようにしていると、体は糖の代わりに脂肪をエネルギーに変換するようになります。
それがいわゆる「ケトン体質」。
ケトン体質になれたら、体内の脂肪もエネルギーとして使われるのでダイエット成功!というわけです。


ケトン体質に変わる3つのステップ

詳しく調べてみると、3つのステップがあるようです。
糖質制限をすると体のエネルギー変換の仕組みが徐々に変わっていくのです。

1:糖質カットで余分な中性脂肪を作らない

普段はお米やパンなど炭水化物などに含まれる糖質が、活動するエネルギー源になります。
そして余った糖質は、中性脂肪に変わって蓄積されてしまうんですね。
(これが太るもとに・・・)
ですが、糖質制限ダイエットを始めると糖質がほとんど体内にはいってこなくなります。
そこで体はまず体内にある余分な糖質を消費するので、ここでまず少し痩せます。

2:糖新生でタンパク質を燃やす

そのうち消費できる糖質がなくなると、体はエネルギー切れにならないためにほかの方法をとるようになります。
それが「糖新生」と呼ばれるもの。
肉や魚などのタンパク質をブドウ糖に変換してエネルギー源にする作用です。

その際に体内の中性脂肪も消費されるので、余分な脂肪を減らすのに役立ちます。

ただし、この「糖新生」の仕組みは、体に入ってくるタンパク質の量が少ないと、体の筋肉を分解してしまうという困った現象もおきます。

racss
だから糖質制限中はタンパク質を意識してたっぷり摂らないと、筋力低下して疲れやすくなったりしてしまう可能性があり要注意。

筋肉を減らさないための目安としては、1日に体重×1.5g以上のタンパク質を摂るように心がけるといいそうです。
同時に筋トレや運動を組み込むことで、筋肉が弱るのを防ぐことができます。

3:ケトン体回路を作って脂肪を燃やす

しかしタンパク質からだけでは活動エネルギーが不足してしまいます。

そこで次に体は脂肪細胞を分解してエネルギーにしようとします。
(ここが目指すところ!)

食事で摂る脂肪はもちろん、体内に溜まっている中性脂肪も分解できるようにするために、体は「ケトン体回路」を作ろうとします。

racss
「ケトン体」とは、脂肪細胞を分解してできる物質です。

まず脂肪は脂肪酸とグリセロールに分解されます。
そのうち脂肪酸が体を動かすエネルギー源として使われ、残ったものは肝臓でケトン体に合成されます。
このケトン体は心臓や腎臓、脳などのエネルギーになるお利口な物質なんです。

この体内の中性脂肪をエネルギーに変換する回路が「ケトン体回路」と呼ばれています。

ココナッツオイルとケトン体との関係とは

ただ、「ケトン体回路」が生まれるまでには結構ハードな糖質制限をする必要があります。
ハードな糖質制限を2週間続けてケトン体質になる「ケトンダイエット」というやり方もあります。

でも、私がやっている「スタンダード糖質制限」方式レベルでも、ココナッツオイルをプラスするとケトン回路ができやすくなるんです!

racss
ケトン体に分解されやすい油を摂ることが近道。
その油とはココナッツオイルに多く含まれている「中鎖脂肪酸」です。

ココナッツオイルは6割が中鎖脂肪酸でできています。
「中鎖脂肪酸」が通常の油と違うところは、体内に入ってすぐ(3時間ほどで)分解されケトン体になること。
体内にケトン体が増えることで、「ケトン回路」が早く作り出せるのです。

繰り返しになりますがこの「ケトン体回路」ができれば、体内の脂肪をどんどんエネルギー源にすることができ、体内に蓄積された中性脂肪も消費してくれるようになります。

糖質制限しながらココナツオイルを摂るダイエットが「ココナッツオイルダイエット」。

ココナッツオイルダイエットでは、1日大さじ3杯ないし4杯のココナツオイルを摂ることがおすすめされています。

ココナッツオイルの美味しい摂り方

racss
ココナッツオイルを毎日大さじ3杯って、どんな摂り方で食べればいいの?

パンにバター代わりに塗ったり、炒め物に使ったりする方法があるようです。
熱にも強い油なので、揚げ物に使ってもいいしカレーと一緒に煮込むのもいい。

ほとんど毎日食べている、おから蒸しパンを作るときの油として入れてみましょうかね。

あとはコーヒーや紅茶などにひとさじ加えて飲むといいらしい。
コーヒーは毎日飲むので、習慣にできそうです。

我が家のココナッツオイルの摂り方
・一日3杯は飲むコーヒーに小さじ1程度(ティースプーンひとさじ分)入れる
・朝食のおから蒸しパンに大さじ1入れる
・週3回ほど食べているスパイススープに入れる

 

これだけでは摂取量が足りないのですが、他にも相性が良さそうな料理に加えることを心がけることにして、まずは続けていきたいと思います。



まとめ 私が選んだココナッツオイルはこれ

ココナッツオイルは糖質制限ダイエット中にこそ摂りたい油です。
わたしは毎日飲むコーヒーに混ぜて飲み始めました。

あまりお高いココナッツオイルは買えないのですが、安全なものかどうかというのも大切なので、まずはよく雑誌の特集などでも取り上げられている「レインフォレストハーブ社」のお店で購入してみました。

「コールドプレス」製法であることと、オーガニック、無添加と、大事なポイントを押さえた製品です。

これは「アロマタイプ」なのでココナッツの甘い香りが残っているタイプ。
わたしはココナッツの香り好きなので、あえてこれを選びました。
でも「調理用」として無香タイプもあるので、いろいろな料理に加えて摂取したい場合はそちらのほうが量を摂れるかもしれません。

今回はたまたまポイント消化したかったので、3本セットを購入して母に1本、私と夫で2本と分けました。
糖質制限をしていない母ですが、ココナッツオイルには他にもいろいろな健康的な効能(認知症予防や抗酸化作用など)があるので勧めてみましたよ。

ところで、美味しいココナッツミルクコーヒーにするのには「乳化」させる手順が大事なんです!!
そのことはこちらの記事で書いています。
良かったらご覧ください。

ココナツオイルコーヒーの乳化方法|簡単にするならネスカフェバリスタで



この記事をシェアする

書いている人

racss

racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家、調理師です。
暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中。
最近のお気に入りは糖質制限の食事と家庭菜園。

お仕事のお問い合わせはメールフォームよりお気軽にどうぞ! [詳細]