racss blog

納豆オムレツは低糖質!最も簡単な作り方とは?添付のタレは使っていい。

calendar

納豆はコレステロール値の改善にも役立つということで、意識的に食べたい食材です。
でも糖質制限中はご飯のおともにするわけにもいかず、どうやって食べたらいいのかな?

納豆オムレツなら、アレンジレシピもできるし簡単だし、何より低糖質!
良質のたんぱく質補給ができるメニューです。

きょうは納豆オムレツのあれこれをご紹介します。

スポンサーリンク

納豆オムレツの簡単な作り方


納豆オムレツの作り方はいくつかありますが、納豆を卵に混ぜてから焼くのが一番簡単です。

材料
(1人分)
納豆1パック
卵2個
マヨネーズ 小さじ1
塩コショウ 適量

 

作り方
1.納豆をかき混ぜる。
2.卵を溶いたところへ納豆を入れる。
3.マヨネーズを加えてよく混ぜる。
4.温めておいたフライパンに一気に流し入れる。
5.菜箸で大きくかき混ぜてふんわりさせながら火を通す。
6.半熟状態になったところで片側に寄せ、半月型にして固まったらお皿に取り出します。

 

うちの場合は一度に二人分を焼くので、大きなフライパンで半月型にしてから半分に切って盛り付けています。

racss
糖質制限やっていないときは、ご飯にのせて「納豆オムレツ丼」にするのも美味しいですよ~。

納豆オムレツの糖質は?

糖質制限中には気になる納豆オムレツの糖質ですが、気にするほどではありません。
商品によって納豆の量が違ったり、使っている豆によって多少の差はありますが、目安は以下の通り。

材料の納豆は1パック50gで約2.7gの糖質で、卵2個は合わせて0.4g。
マヨネーズ小さじ1は0.1にも満たない糖質です。

それで納豆オムレツは一人当たり、合計3.1gの糖質になります。

納豆のタレは使っちゃダメなの?

さきほどご紹介したレシピだとマヨネーズと塩コショウで味付けするので、納豆についてくるタレとからし、余っちゃいますね。
これをオムレツに入れたら一気に糖質が高くなってしまうのでしょうか。

実は納豆のタレは麺つゆと同じくかなりの糖質があるのですが、納豆についている量はほんのちょっとです。
例えば「おかめ納豆」の3パック入りだと、1パック4.8gほどの量が付いている商品が多いみたいですけれども、これって小さじ1に満たない量です。

「おかめ納豆」のタカノフーズさんで出している100mlのボトル入りのタレは、炭水化物16.4gと表示されていました。
ということは、納豆パック用のタレ4.8gを4.8mlと考えて計算してみると、約0.78gの炭水化物量になります。

racss
この「炭水化物」がすべて糖質としても、これくらいだったら気にしなくていいんじゃないでしょうか。

ちなみに納豆についてくるからしは、大体0.6gほどの量です。
からしは小さじ1(6g)が2.4gの糖質なので、添付のからしの糖質は、0.24gとなります。

タレとからしを両方使うと、1.02g。約1gの糖質がプラスになるということですね。
これくらいだったら、気にせず使って大丈夫でしょう。

ただ、「ちりも積もれば・・・」ということもあります。
「タレ・からしはついておりません」と書いてある納豆のほうが、お値段も20円30円安かったりしますしね。

racss
私の場合、納豆オムレツは塩コショウの味が気に入っているから、これ用に買う納豆は、たれとからしのついていない商品で十分かも。

納豆オムレツのいろいろな作り方

納豆オムレツには他にも美味しい作り方があります。

納豆を卵で包むオムレツ

中からとろーりと納豆が出てくる、本格派オムレツ。

作り方
先に卵だけフライパンで焼き、半熟状態の時に納豆を手前側にのせて、卵を折りたたむようにして焼き上げます。

 

納豆を焼いて香ばしくするオムレツ

納豆がちょっと苦手な人におすすめなのは、先に納豆を炒めてから作る方法です。

作り方
フライパンに油をちょっと入れ、納豆を混ぜずにそのまま入れて軽く炒めます。
そこへ溶き卵を流し入れて、かき混ぜながら火を通していきます。

 

納豆の臭みが香ばしく変わって、これなら美味しく食べられるという人が多いですよ。

(ただし、納豆にしっかり火が通るので納豆菌が減ってしまう可能性はあります)

納豆オムレツにチーズを入れるレシピなら腹持ちアップ!

納豆オムレツは他に具を入れても美味しくできます。

糖質制限中なら特にチーズがおすすめ!
チーズを入れることでボリュームアップ、カロリーもアップするので主食代わりにできます。
もちろんチーズは糖質が少ないので、安心してたっぷり使って大丈夫です。
チーズと納豆の味の相性は抜群。

作り方
シュレッドチーズ(「ピザ用チーズ」みたいに細かくなっているもの)があれば、納豆を卵に混ぜる段階で一緒にひとつかみ入れるだけでOK。

スライスチーズだったら、オムレツ型に整えてから上にのせて、溶けるまで待ってからお皿に盛り付けても。

粉チーズを上から振りかけるだけでも、風味がアップして満足度が上がります。

 

番外編:豆腐の納豆かけもおススメ


きょうは和食っぽい献立にしたいというときは、豆腐の納豆かけを主食がわりにするのがおすすめです。
ただのせるだけなので簡単で、うちでもよく食べています。

この場合は納豆のタレの味が美味しさを左右するので、ぜひ「たれ・からし付きの納豆」で!

上の写真を撮ったときは、常備菜として秋に漬けておいた「しその実の醤油漬け」を混ぜました。

racss
紫蘇の風味が大好き。
昔、カップの納豆で「紫蘇だれ」が付いていた商品があったんだけど、今はないのかなあ。
あれはとても好きな味でした。
 

まとめ

納豆オムレツは、糖質制限中の主役になれるメニューです。
手軽にタンパク質を摂ることができ、ねばねば食材の納豆の健康効果も期待したいところ。

いくつかの作り方がありますが、最も手軽に作るなら納豆を卵に混ぜて焼く作り方がおすすめ。

racss
ご飯何にしようかなと迷ったとき、思い出してくださいね!
 



この記事をシェアする

書いている人

racss

racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家、調理師です。
暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中。
最近のお気に入りは糖質制限の食事と家庭菜園。

お仕事のお問い合わせはメールフォームよりお気軽にどうぞ! [詳細]