racss blog

ブレッドケースがペットのいる家には必要だと思う

calendar

reload

ほぼ毎日トーストを食べるのですが、パンやお菓子を置いてある棚に猫が上がるので困っていました。
食パンを収納しておくブレッドケースの利用で悩みが解決できたので紹介します。

スポンサーリンク

ブレッドケース(収納用)があるとペットの毛がつかない

猫は好きなんだけど猫の毛は嫌い。

夫から週に何度も聞くセリフ。
猫4匹が自由にしている我が家、どうしても猫の毛には悩まされます。

そして食材が出ていると猫にいたずらされる可能性もあるので、できればみんなしまっておきたい。

ムク
パン、つまみ食いするの好きだよ。

racss
でも猫にはイースト菌、あまりよくないんです。

そこで猫が登りずらい家具の配置換えをしたのですが。

猫が冷蔵庫の上で寝るので困っています 対策に配置換えしてみた

同時にブレッドケースも購入することにしました。

今回のブレッドケースの役割は二つです。
1.パンやお菓子を収納して雑然とした見かけを解消
2.猫のいたずら防止と、ほこりや毛が食品に付くのを防ぐ

リモサボン

パンの鮮度を保つケースもある

「ブレッドケース」というとパンの保存を高める目的のものもあります。
パンの乾燥を防ぐとか、余分な湿気を防いでカビ予防とかできるタイプのものですね。
例えばこんなのがあります。

桐でできたブレッドボックスで、ここにパンを保管することで湿気や虫から守るというもの。

こちらは真空にできるパンケースで、カビ菌がつくのも防げるし空気と遮断できるので酸化せず劣化しにくいというもの。

ただ、今回欲しかったのはこういうのではなく、あくまでもパンやお菓子を隠しておくためのブレッドケースです。

大きめのブレッドケースがおすすめ

オシャレなデザインのブレッドケースはいろいろ見つけたのですが、意外と普通サイズの角食が入らないケースが多いんですね。

racss
高さが足りないんです。

背の高い山型食パンはいつもはほとんど購入しないので、そこまでの高さがなくてもいいんですけれども。

racss
角食の袋を立てたまま入れるとなると、ケースの内寸が15cm以上ないと無理です。

ケースの外寸は15cm以上だったとしても、内側にスライドするタイプの扉だと有効内寸が1センチくらいは小さくなってしまいますので要注意。

初めに見つけたニトリのスチール製のブレッドケースは可愛いな、と思ったのですが、この高さが足りなくて断念しました。
扉が手前に開く作りの木製タイプならOKかもしれませんが、デザインが好みじゃなかった。

他にも雑貨的な可愛らしさのケースがいくつか目に留まりましたが、結構お高いのね。
よく扉に「bread」ってロゴが入っているのですが、主張が強すぎるものも。

racss
パンだけ入れるとは限らないしね。シンプルなのがいいなあ~

ということで、あれこれ探して見つけたのが、山善というメーカーで販売されているシンプルなブレッドケースです。
お値段は送料込みで2000円ちょっとで購入しました。
黒と白とあるんだけど、白の方にしました。

このケース、外寸の高さは17.5cmで内寸が15cm。ぴったりです。

しかも並べて2斤入る大きさ。
2袋入る大きさは理想的なんですが、食パンの保存としては冷凍保存がベストだと信じているので、すぐ食べる分だけ入ればいいです。だからまあ、幅はもう少し小さくてもいいのですが、かさばるお菓子の袋も入りそうだから気に入っています。

電子レンジの上に載せました。念のため、断熱材として使っていない木のカッティングボードを敷いてみた。
電子レンジが高温になりそうなときは、一時的にブレッドケースを移動させればいいと思います。

シンプルデザインならアレンジできる


しばらくそのまま使っていましたが、ちょっと遊びたくなってシールを貼りました。

これはセリアで売っていたウォールステッカーです。飽きたらはがせます。

racss
モノトーンのシマウマが今の気分かな。


ちなみにこのシールはわたしの可愛くないパソコンのデコにも使っています。

racss
まだたくさんあるからどこに使おうかな?
モノトーンはうるさくなりすぎなくて好きです。

白いつまみも気に入っていますが、ねじ留めなので外せます。
飽きたら100円ショップのおしゃれつまみに交換するのも良さそう。

ブレッドケースを導入してよかったこと

当初の目的の、猫対策としては本当に満足です。つまみを上に上げると開けられるので賢いワンちゃんだったらいたずらできちゃいそうですが、うちの猫たちは興味ないみたい。
静電気の起きやすいビニール袋に入っているパンも、猫の毛やほこりがつきにくくなって良かった。

racss
これは物理的にもそうだけど、精神衛生上の問題かもしれません。

そのほかにもよかったことがあります。
すぐ食べるパンのほかに常温保存のおやつがあったらここに入れるというルールになったので、家族それぞれが自由にここから取り出して食べてくれるようになったこと。

racss
これまではなんとなくあちこちに置いてあったりして、おやつの量も把握しにくかったのですが一目でわかるようになりました。

ま、うちは小さい子供もいないのであまりおやつの量はいらないんですけれども。

すっきり見えてとても気に入っているので、調味料ケースとしてもうひとつ購入したいくらいです。
キッチンに出しっぱなしの小さな調味料って油汚れとほこりがついてしまうから嫌なんですが、それでも最低限のものは出しておかないと不便ですよね。うちの場合は塩と塩コショウと、生姜パウダー。
あとはすぐ使いたい計量カップや計量スプーン。それにちょっと水を飲みたいときのグラスとかね。グラスは猫の毛対策ですべて食器棚にしまっているのですが、すぐ使いたいときに不便を感じているので。

racss
キッチンの調理台の上に出しっぱなしになりがちなものをまとめておけば、すっきりするんじゃないかなと考えています。

racss
ただこのケース、奥行きが26cm、幅が30cmちょっとあるので、意外と場所をとります。追加するのは置き場所確保してからだな。

まとめ

猫のいたずらや毛が食品につくのを防ぐのに、ブレッドケースを使うと精神衛生上とっても楽になりました。
見た目もすっきりするのでおすすめです。



この記事をシェアする

書いている人

racss

racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家、調理師です。
暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中。
最近のお気に入りは糖質制限の食事と家庭菜園。

お仕事のお問い合わせはメールフォームよりお気軽にどうぞ! [詳細]