racss blog ハンドメイドと料理+猫 racssの日々の暮らし

コストコチーズでリピート買いするものとしないもの|おすすめはふたつです

コストコはチーズの種類も豊富です。
我が家では糖質制限中のタンパク質摂取のためにチーズの出番が多いので、コスパのいいチーズをいつも探しています。
コストコでは100gあたりいくら、と値札に明記してくれているので比較しやすくて助かるんですよね。

我が家で一般のスーパーより安いと判断してリピート買いしているチーズはふたつだけ。
コストコのチーズってホントに安いのかな、と迷っている方はぜひ参考にしてください。

sponsored link

リピート買いするコストコの激安シュレッドチーズ


この写真を撮ったときはゴーダシュレッド1Kが798円でした。

コストコで見かけるシュレッドチーズはパッケージは違いますが「エヌシーエル」の商品が多いです。
「フリゴ シュレッドゴーダチーズ(オランダ)(製造者エヌシーエル)」
「ジャコヴィア マーブルシュレッドチーズ(製造者エヌシーエル)」
「シュレッド モッツァレラチーズ(ドイツ)(製造者エヌシーエル)」
この中でどれか安いのを選んで買っています。
他にもチェダーチーズのシュレッドタイプがあります。

他のスーパーだと、1キロ入りで980円が最安なので、コストコの方がかなりお得ですね。
いちばん溶けて伸びるのがモッツァレラですが、ゴーダもまあまあです。
ただモッツァレラは冷凍するとモロモロになりやすいのが難点ですね。
そのためもっと割安なカークランドのモッツァレラシュレッド(2キロ以上入っている)は買っていないのです。

マーブルというのはゴーダとチェダーのミックスなのですが、彩りが白とオレンジできれいなのでそれはそれでありかな。
チェダーチーズのシュレッドタイプはあまり好きじゃないので選択肢から外しています。
ジップつき袋に小分けして冷凍保存します。

コストコはムーンダラのクリームチーズが激安です


「ムーンダラ」と書いてある箱入り1Kのクリームチーズがとても安いのでリピートしています。
価格はちょっぴり変動があって、1キロ798円(2020年1月値段)ですが、昨年は818円(2019年5月)でした。
どちらにしても100グラム当たり100円を切っているのがすごいでしょ。

クリームチーズはベーグルに塗りたいし、チーズケーキを焼くのに欲しいのですが、他のスーパーだととても高いです。

どうしてもというとき買うのがCGCの200g入りで240円くらいのなんですよ。
それと比べて激安なので、1キロを5個か6個にカットして密閉してから冷蔵庫のチルド室で保管しています。
冷凍でもいいんだけど、ちょっとザラザラになってしまうので。

お菓子作りする方にもおすすめのチーズです。

トリプルチーズタルトはお得だけど食べすぎ注意


コストコのチーズケーキ、「トリプルチーズタルト」は1280円。

自分でチーズケーキは作れますが、トリプルチーズでタルトで、と考えると同じように作るよりかなり安いですので、たまに買います。
でも安いから油断して食べすぎ注意!冷凍保存はできます。
ホームパーティなどでみんなで食べるならコスパ抜群です。

コストコでリピートしないチーズ

コストコでこれまで買ったチーズで、リピートする気にならないのは割けるチーズとスライスチーズです。

割けるチーズ

フリゴの48本入りの割けるチーズ「frigo cheese heads string」 1378円 は失敗でした。
写真がなくてすみません。

これがAmazonで売っている同商品。
コストコの値段が激安なのがわかります。

けれどうちでは消費しきれなかった。
糖質オフのおやつとして購入したものの、ちょっと細めなんですよね。食感はモロモロした感じ。
やわらかめでちょっと割きにくい。爪に挟まってしまう感じなんです。

雪印の割けるチーズだともっと固めでキュキュっとした食感があります。
キュキュっというのが特別好きなわけではないけれど、あちらのほうが食べやすかったなあ・・・なんて思ってつい手が伸びずにいたら、気づいたら賞味期限が切れてしまったのです。
慌てて小さくカットしてサラダに入れて食べましたが、この食べ方するなら割けるチーズである必要ないですよね。

あくまで好みの問題なのですが、失敗しちゃったなあ。
ということでリピートはしていません。

ロルフ チェダースライスチーズは業務スーパーよりは安くない


コストコに数種類あるスライスチーズ、どれも美味しいと評判ですが、スライスしてある分割高です。
その中でお手頃かな、と思えるのが「ロルフ チェダースライスチーズ」でした。1300gと大容量。 
108枚入りが1398円です。ということは100g当たりになおすと107.5円です。

ロルフというのは輸入チーズかと思ったけど実は日本のメーカーなんですね。
たくさん入っているので12枚くらいずつに分けてぴったりラップし、さらに密閉袋に入れて冷蔵庫のチルド室に眠らせておきました。

これ、上の画像のようにトースト用には少し小さいんです。
あとチェダーチーズはいわゆる溶けるチーズではないので、焼いてもとろーりというよりペタペタになります。
焼くよりサンドイッチにそのまま挟む方が向いてますね。

で、このスライスチーズ、どのくらい安いのかというと?
例えば食べやすいCGCのとろけるスライスだと7枚入り126gが通常168円で買えるので100g当たり133円ですね。

たまに行く「卸売りスーパー」っていう激安スーパーがあるんですが、そこで売られている「エヌシーエル」のスライスチェダーは7枚入り105gが128円ほどで売り出しになります。
100gあたり118.5円です。

業務スーパーではこの同じメーカーのが20枚入りの業務用になっていて300gが290円ほどで買えます。
これは100グラム当たり99.3円と最安ですね。

ということで、コストコの「ロルフチェダースライスチーズ」は安いけれど、業務スーパーで買えるエヌシーエルの業務用スライスチェダーよりは高いです。
コストコもシュレッドチーズはエヌシーエルの商品を置いているのだから、スライスチーズもエヌシーエルにしてくれたらいいのにと思います。

コスパ抜群のシュレッドチーズを買うならこちらはいらないな、と判断してリピートしていません。

まとめ

コストコでお得だと思うチーズについて紹介しました。
他のスーパーの方が安い場合もありますし、コストコは大量な分、美味しいうちに消費できない可能性もありますのでそこはよく考えて買うべきですね。

そしてチーズに限らずどの商品にもあてはまることですが、コストコは年会費がかかるのでその分も計算に組み込むとすれば、ちょっとくらい安いだけではお得とは言えません。

うちではシュレッドチーズとクリームチーズをリピート中。
あと「切れてるチーズ」の業務用サイズが安く買えるようなので、いずれそちらを試したら追記しますね。

*おわり*

合わせて読みたいコストコ情報

sponsored link



sponsored link

アーカイブ