5月の菜園作業記録|葉物の種まきとマルチ張り

なぜか例年より気温の上昇が遅い北海道。
「花冷え」「リラ冷え」シーズンではありますが、かなり寒いです。
それでも種まきした一部の葉野菜は芽を出しています。
スーパーの野菜が高いから、早く食べられるようになってほしい^^
インスタ投稿から流れを載せてみます。

書いている人
racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家、調理師のracssです。
racssblogでは暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中です。
最近のお気に入りは家庭菜園と古家でのDIY。

racssをフォローする

5月9日 しゃくしなと白カブが芽を出す


5月4日に種まきしたしゃくしな(雪白体菜)と白カブの小さな芽が出てきました。
5日目で出てくるなんて早いなあ。

5月7日 ジャガイモの植え付け


じゃがいも、「シャドークイーン」と「インカのひとみ」を植え付けました。
本当はちょっと早いかな?
でももう種イモが限界なので植えることに。
このあと大雨の日があったりで大丈夫かな、土の中で腐っていないか心配です。
じゃがいもの芽が出るのにだいたい1か月くらいはかかるので、気長に待ちましょう。
三角畝で育てる予定。
芽が出たら黒マルチをかけます。

5月8日 二十日大根の種まき


ダイソーの種のラディッシュ(二十日大根)の種を、ピーマンのために畝立てした場所へまきました。
ラディッシュはピーマンを植える頃にはほぼ収穫が済んでいるかな?
まだ残っていてもいいように、畝の端に種まきしています。

5月14日 アスパラ収穫中


うちにはもともとアスパラの古い株があったのですが、当時あった「温室」風小屋の陰でどうも生育がよくありませんでした。
それをおととし掘り起こして株分けし、日当たりがよく邪魔にならない塀沿いに移植。
昨年はほぼ収穫はできませんでしたが、今年になって勢いが出てきました。

5月16日 紫アスパラ苗植え付け

アスパラの収穫を増やしたいと思っていたら、なんと大株が300円で買えるという情報を知りまして買ってきました。
感染予防のため営業自粛中の雪印種苗園芸センターさんがインスタで管理中のお花や苗の様子を公開されていたので、直接相談してみたんです。
欲しかったトマト苗は入荷していないとのことだったけど、営業自粛前の時期にアップされていたアスパラ苗がまだあるとのこと。
紫アスパラの立派な根を買うことができました。
(ありがとうございます*)
雪印種苗園芸センターさんはまだ営業開始されていませんが、スタッフさんは常駐で植物のお世話をしています。欲しい苗や花木がある場合は電話などで相談に乗ってくれますよ。

チャイブがわんさか増えていたエリアを整理して、紫2株、緑1株を植えました。
紫アスパラはかなり大きな苗だけど、今年の春の収穫はもちろん無理でしょう。
うまくいったら秋にいくらか採れるかも。
たのしみ!

5月17日 野菜苗のポット増し

買ってある夏野菜の苗は、トマト2株(ミニキャロルと中玉フルティカ)、キュウリ3株(夏涼み1株・もう1株あったのは枯れてしまった)(ミニキュウリ2株)、ピーマン(あきの)2株です。

気温からいってまだ定植まで2週間はかかると思うので、ポットの中は根が張って苦しくなるはず。
大きいポットに植え替えてあげます。
9号ポットから12号ポットへ。
これでぐんと大きく根を育てることができるはず。

5月17日 カモミールとマリーゴールドのポット上げ


卵パックで種まきしたカモミールとマリーゴールドが大きくなってきました。
本葉が2枚から4枚出たら鉢上げしてもいいそうなので、ビニールポットへ。
たくさん苗ができた―
昨年は7月になって畑に移したのだけど、今年は野菜を植えるのと同じ頃に定植できるといいな。
やさいのコンパニオンプランツとして病害虫予防を期待しています。

5月18日 畝立てとマルチシート張り

アスパラ植えや庭の整理をしていたらすっかり遅くなってしまったのですが、ようやく畝にマルチシートを張りました。
畝は大体作ってあったのだけど、きちんと整えてからシートをかぶせます。
今年の春は寒いので、いつもはマルチしないトマトエリアにもかけました。

さ、これで地温をあげて温かくなってもらいます。
あとは苗を植える時期まで放置です。
庭の整備に戻りますかー。

5月の菜園作業まとめ

2020年家庭菜園スタートしています。
昨年よりは早めに苗の準備ができてよかった。

庭の果樹を菜園側に移してきたり、土の改良をしたりいろいろやっています。
今やっておけば、夏から秋までお手入れが楽になるはず。

野菜の収穫はそろそろ間引き菜が採れるか採れないかというところです。

how to 北海道の家庭菜園
タイトルとURLをコピーしました