今日の菜園6/12|トマト支柱、きゅうりネット設置

ミニトマト支柱立て
今日は程よい天気で野菜たちも成長期に入った模様。

書いている人
racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家、調理師のracssです。
racssblogでは暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中です。
最近のお気に入りは家庭菜園と古家でのDIY。

racssをフォローする

ミニトマトの支柱二本仕立て

中玉トマトフルティカの栽培
今年のミニトマトと中玉トマトはどちらも二本仕立てで育てる予定で脇芽を一つ伸ばしておきました。
最初に添えた支柱をかなり超えて伸びてきたので、もう誘引が必要です。
苗の風除けビニールを外す
まずは定植からずっとつけていたビニールの風除けを外します。伸びた茎を寄せながらセーターを脱がせるように上からスポッと。
トマト二本仕立て
3本の竹を上でまとめた支柱にして、誘引。
V字に開くようにしています。
朝日が登る向きに正面になるようにちょっと斜めに支柱の位置を考えました。
これであとは伸びたら誘引するだけでよし。

トマト脇芽の根出しにチャレンジ

トマトの根出し
実はフルティカのほうの脇芽を2つ、水に挿してあります。
根を出して苗にするつもり。
中玉フルティカ、たくさん食べたいから、2つは鉢植えで育てるかな。
鉢やプランターは日当たりに移動したりしながら世話できるのがいいですよね。

きゅうりネット設置

きゅうりネット設置
きゅうりにはネットを張る予定で支柱だけ立てていましたが、今日見るとミニきゅうりの方がかなり伸びていたのでそろそろネットもつけることに。

これはダイソーで売っていたきゅうりネットを半分の大きさにしてあるものです。
支柱の裏と表に張るのには2枚必要なのでハサミで切りました。もう何年も使っていますが丈夫です。
今回のように幅が1メールほどの小さい支柱なら縦長に張れるし、トマトなど他の野菜と共用の大きな支柱のときは横長にバトミントンのネットみたいに張ります。
紐で支柱に結えてできあがり。

ミニきゅうり栽培
こちらがミニきゅうりの「勝手に元気ミニきゅうり」君です。
すでに実をつけて下から5節までは摘んであります。
そのあとの実もそろそろ採れそうです。

きゅうり夏すずみの苗
こちらの夏すずみの方の成長が遅いけど、これからですね。

つぶやき

昨日は久しぶりの雨がしとしと降って、菜園も生き生き。
バケツには思ったより水が貯まらなかったけど、土にはしっかり染み込んだでしょう。
今週は裏庭の整備などこまごま作業もしています。そちらはまた今度紹介しますね。

タイトルとURLをコピーしました