racss blog ハンドメイドと料理+猫 racssの日々の暮らし

消毒液|次亜塩素酸の家庭用スプレーを作るにはハイターではだめ!安全な作り方があります


「次亜塩素酸」はあらゆる菌やウイルスを殺菌します
この次亜塩素酸を含むもので手に入れやすいのは、ハイターやブリーチなど塩素系漂白剤。
漂白剤の主成分は厚生労働省のコロナ対策ページでも推奨されている「次亜塩素酸ナトリウム」ですが、強アルカリのため肌への刺激が強すぎます。
だから手すりなどの除菌に使うことはできても、アルコール消毒液のかわりに漂白剤を薄めて手指に使うのは無理ですね。

しかし、次亜塩素酸を生じさせるものは塩素系漂白剤のほかにいろいろあるって、ご存知ですか?
安全な他の方法を選べば大丈夫!

この記事では、次亜塩素酸の液体を作る方法の中で家庭で手指を含めた除菌に使えるものはどれなのかについて、
また結論として、弱酸性の液体ができる粉末「ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム」がおすすめという内容をご紹介します。
作り方▼早く作り方手順を知りたい方はこちらの記事をどうぞ▼

 

sponsored link

「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は違います

別記事でも紹介した電解水の「次亜塩素酸水」は人体に害がなく安全な除菌ができます。
関連記事 微酸性次亜塩素酸スプレーで除菌ができる|手にも使える酸性電解水を紹介します

これに対してブリーチやハイターなど「漂白剤」の主成分「次亜塩素酸ナトリウム」は強アルカリ性のため、強い塩素臭があり、塩素ガスの発生、肌荒れの原因になるなど、消毒に使うには注意が必要。

次亜塩素酸水も次亜塩素酸ナトリウムも消毒殺菌に有効な「次亜塩素酸」を含んでいますが、まったく別のものです。
名称が似ているために混乱の元になっていますよね。

racss
「次亜塩素酸水は手指除菌にも使えるよ」というと「え!!ブリーチを薄めても肌には使えないでしょ!」とびっくりされることがあります。
 
次亜塩素酸水は塩化ナトリウムまたは塩酸の希釈液を電気分解して作られる次亜塩素酸(HClO)を含む液体です。
それに対して次亜塩素酸ナトリウムの化学式はNaClOで、「次亜塩素酸ソーダ」とも呼ばれます。
この次亜塩素酸ナトリウムを消毒に使うための有効塩素は、次亜塩素酸イオン(ClO−)です。
性質は全く異なり、除菌に必要な濃度も変わります。
詳しくは新しい記事でも書いています。

繰り返しになりますが、電解水の「次亜塩素酸水」と漂白剤の「次亜塩素酸ナトリウム」は別のものですので、誤解しないようにしてくださいね。

「次亜塩素酸」の水溶液を作る方法はいくつかある

家庭で電解水の「次亜塩素酸水」を作るには専用の機械がなくては難しいのですが、有効成分の次亜塩素酸の液体を作る方法は他にもいくつかあります。

その中で肌に優しい弱酸性の水溶液を作るには「ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム」の粉末が良いとわかりました
順番に説明しますね。

次亜塩素酸を発生させるための薬品は数種類あり、名称は似ていますがそれぞれ化学式が違い、性質がかなり異なります。
この性質を理解すると、安全な使い方がわかります。

次亜塩素酸ナトリウム:NaClO:塩素系漂白剤

最も簡単に手に入れられるのが「次亜塩素酸ナトリウム」。
無機系の塩素剤。
塩素系の漂白剤の主成分で、液状です。
商品名では「ブリーチ」「ハイター」などです。
またごく薄く調整し医薬品認可を得たものが液体の「ミルトン」(第2類医薬品)です。
 
次亜塩素酸ナトリウムに洗剤を配合しているのが、「カビキラー」などカビ取り剤やお掃除用洗剤になります。
強アルカリ性、塩素臭がきつい、皮膚の表面を溶かすためぬるぬるします。
 
※次亜塩素酸ナトリウムは塩素濃度0.05%(500ppm)に調整することで殺菌水として使えることが厚生労働省のページでも触れられています。
しかし皮膚や金属の腐食性があるため、手指除菌には使えません。
金属の除菌に使った後は、一定時間を置いてから水で二度拭きする必要があります。
 
※次亜塩素酸ナトリウムに炭酸水を混合してpH調整をすることで手にやさしい消毒液を作る方法もあります。
しかし塩素ガスが発生することや炭酸が抜けると効果が薄れることなどから、この記事ではおすすめしていません。

次亜塩素酸カルシウム:Ca(ClO)2:さらし粉

「次亜塩素酸カルシウム」は「さらし粉」の主成分です。
無機系の塩素剤。
パルプや繊維の漂白剤として使われる、固体(粉末)です。
以前には食品の漂白に使われていたことも。
 
性質は中性なので手荒れはしませんが、水に溶けにくいので除菌スプレーとしては使いにくいです。

塩素化イソシアヌル酸:有機系塩素剤

「塩素化イソシアヌル酸」とは、イソシアヌル酸に塩素を作用させて製造した塩素剤です。
水と反応して次亜塩素酸を発生させます。
無機系の塩素剤と違って塩素臭が弱いことや、塩素が飛びにくい特徴があります。
プールの消毒剤として利用されることが多い固形状(粉末状)の物質です。
 
塩素の含有量によって「トリクロロイソシアヌル酸」「ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム」「ジクロロイソシアヌル酸カリウム」の3種類があります。

トリクロロイソシアヌル酸:C3Cl3N3O3

「トリクロロイソシアヌル酸」は酸性、塩素濃度が高め。
有効塩素量は85から90%です。
水に溶けにくく、徐々に溶ける性質を生かしてプールの消毒に利用されています。

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム:C3HCl2N3O3

「ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム」は中性、水に溶けると弱酸性になります。
水に溶けやすく、素材を傷めにくい物質です。
即効性のあるプール用消毒剤になります。

日本では動物用の医薬品(塩素系消毒剤)として認可されています。
有効塩素量は60%です。

タブレット状に固め、pH調整をした商品に「ミルトンCP 錠剤タイプ(固形タブレット)」があります。(医薬品ではありません)
一般用医薬品認可を受けている商品としては、ヨシダ製薬の「ジクロシア」、四国化成の「ネオクロール」があります。

塩素濃度を変えることでさまざまな用途があり、50ppm程度に調節すると人体への影響が少なく、かつ強力な除菌剤になります。

ジクロロイソシアヌル酸カリウム

「ジクロロイソシアヌル酸カリウム」もプールの消毒剤として使われています。
やや溶けにくい特徴があります。
有効塩素量は60%です。

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムで除菌水を作れる

このうち、家庭の除菌に使いやすいのは「ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム」です。
動物の消毒用医薬品として認められていることからもわかるように、安全な物質です。

  • 弱酸性の水溶液になるので肌に優しい
  • 「ハイター」など次亜塩素酸ナトリウムの3分の1の塩素濃度で同程度の除菌が可能
  • 粉末状を水に溶かすことで好きな濃度の次亜塩素酸水を作ることが可能

といったメリットがあります。

消毒液の自作は自己責任で行うべき理由とは

電解水で「酸性次亜塩素酸水」を作るには専用の機械が必要ですが、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムのパウダーなら安価だし手軽ですよね。

しかし各商品は人体に対しての医薬品認可を受けていないものがほとんどですので、物品の殺菌用途はOKですが人体の医療目的で使うことは許可されていません。※医薬品認可を受けている商品としては、ヨシダ製薬の「ジクロシア」、四国化成の「ネオクロール」があります。

(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムによる殺菌効果は実証されていますが、医薬品認可を受けていない場合は薬事法の関係で「ウイルスを殺菌する」とか「手指を消毒する」という表現はできないことになっています。
それで商品ページやメーカーページでは、なんだかあいまいな表現になっているのですね)

ですから家庭で一般用医薬品認可を受けていないジクロロイソシルアヌル酸ナトリウムを使って作った水溶液を人体に用いる場合は、あくまでも自己責任で行うことが必要になります。
(この記事でもできるだけ正確な情報をお伝えするよう注意していますが、実際の使用の際にはご自分でも十分確認をお願いいたします)

「塩素剤」ですので水溶液を作る際には十分注意して触れる必要があります。
また用途に応じた塩素濃度にするためには、しっかり計算・計量しなくてはいけません。
こういった面倒を苦にしない人におすすめです。

次亜塩素酸水を作るためのジクロロイソシアヌル酸ナトリウムパウダーとは

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは「除菌水を作る粉」として各メーカーから販売されています。
希釈の割合などをわかりやすく説明してくれているので便利です。

業務用がコスパいい

自分で必要な塩素濃度(ppm)を計算できるなら、プール用除菌剤として売られている業務用のものがコスパがいいです。
「プール用除菌剤」で「ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム」が成分のものを探してみてください。

▼医薬品の「ネオクロール」を小分けにした「ネオクロールスティック」(1.6g×100包)もあります。▼
(成分は同じですが商品としては医薬品になっていません)
小分けで使いやすい&混ぜるための容器もセットなのでおすすめ!

まとめ

コロナウイルスやインフルエンザウイルス、ノロウイルスまで除菌するための「次亜塩素酸」の液を家庭で作るには、塩素系漂白剤を使う必要はありません!
次亜塩素酸を発生させる物質の主な種類を紹介しました。

おすすめとして、弱酸性の液体ができる「ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム」のパウダーを使う方法があります。

濃度によって野菜の除菌から家具の除菌、家庭用プールの除菌、お風呂のカビ取りまで用途が広いので、家庭に常備するのはおすすめです。

我が家でも使い始めました。
その感想はまた機会を見て紹介しますね。
*おわり*

新しい記事で具体的な濃さや作り方の注意点を載せています。
こちらもどうぞご覧ください。
作り方

 

sponsored link



sponsored link

アーカイブ