本記事にはプロモーションが含まれている場合があります

ドライ秋色紫陽花完売御礼2024|レビュー紹介


今年も4月からミンネにて販売スタートした、racssの紫陽花ドライフラワーが完売しました。買っていただいた皆さま、チェックしてくださった皆さま、ありがとうございました!

お客さまレビュー紹介


ステム付きの紫陽花セット、ヘッドのみをあつめたアウトレットボックス、共に秋色紫陽花のドライフラワーは無事に気に入ってくださった方のもとへお嫁入りしました。
そのまま飾るという方もいれば、アレンジフラワーに使う方、キャンドルや雑貨制作の材料として使う方もいらっしゃいます。
これまで紹介したことがなかったのですが、いつも嬉しいレビューやメッセージを頂いているので一部ご紹介しますね。

いつも迅速で丁寧な対応をして頂き、ありがとうございます。ドライの紫陽花は、こちらで購入する物が一番形が整っていて、色合いが素晴らしく鮮やかで綺麗です。これからも宜しくお願いします。(フラワーアレンジメントのお店をされているお客さまより)

綺麗な色合いのアジサイで、箱を開けた瞬間に「うわぁ~💕綺麗❗」と声が出ました。嬉しくて、ルンルンした気持ちになりました。大切に使いたいと思います。

自分でアジサイのドライフラワーを作ってみたのですが、うまくできなかったので、こちらを購入させていただきました。とても綺麗にできていて、感動してしまいました。家の中のいろいろな所に飾りました。

とってもキレイな紫陽花でそのまま花瓶に飾りました。 ドライフラワーのいい香りもして気持ちがスッキリします。

とても綺麗なドライフラワーを届けてくださり、 ありがとうございました♬ カゴに飾ろうか… ガーランドにしようか… とワクワクしながら悩んでます

飾った写真を送ってくださる方もいます。皆さま素敵なセンスで活用してくださっていて見惚れることもしばしば。

北海道はやはりドライフラワーづくりには良い気候で、紫陽花の色も繊細に残るので自然のままのグラデーションを楽しめます。この利点を活かしてきれいな紫陽花ドライフラワーを作っていきたいと思っています。
庭に放置していても秋には勝手にドライになる紫陽花ですが、商品化するためにはきちんと収穫していくらか手をかけなくてはいけません。
干し方、広げ方、型の選別と枯れや汚れの除去、ふんわりと仕上げるには時間がかかりますが、これだけ喜んでいただけるならやりがいがありますね。

ホワイト紫陽花は随時出品です


毎年、きれいな形の紫陽花を選んでおき、ブリーチして真っ白にしたホワイト紫陽花を少しだけ作っています。
こちらは随時仕上がり次第出品していますので、気になる方は時々ミンネをのぞいてみてくださいませ*

お買い求めはこちらから
ハンドメイドが集まる販売サイト【minne(ミンネ)】
racssの紫陽花販売ページ
▼▼▼
「handmade racss」

おわりに

2024年出品のカラフル紫陽花ドライフラワー、完売のおしらせでした。本当にありがとうございました。

今、庭の紫陽花はまだ蕾。北海道の紫陽花は遅いんですよね。ここからどんな色合いに咲いていくのか楽しみです。
また次のシーズン販売スタートの際はこちらのブログでお知らせします。
よろしくお願いいたします。

こだわり紹介*racssの紫陽花セット*

こちら北海道が冬になる直前まで外で栽培したまま秋色に変化させ、形が良く大きめのものだけを収穫しドライフラワーにします。
冬の間に形を整えたり枯れを取り除いたりして仕上げ、春以降の出品となります。
北海道の乾燥した気候、朝晩の冷え込みなどによって美しいグラデーションに変わる紫陽花。
ドライフラワーにしてもその色合いがしっかり残っています。ナチュラルインテリアにぴったりの紫陽花ドライ。長期間楽しめるのが特徴です。いろいろな飾り方でお楽しみください。
タイトルとURLをコピーしました