アルマジロみたいにまんまる!(racssの 猫instagramより)

今日のうちの猫たちは・・・?

アルマジロみたいにまんまる!このアルマジロがほどけていく様子をご覧ください。#モコ #寒い時はアルマジロに #陽が出てきたので猫に戻りました#きじとら #猫のお昼寝 #catlife (racssの 猫instagramより)
from Instagram / racss家の猫かぞく

北海道は朝晩の気温が一けたになり、肌寒い日が多くなってきました。
猫ベッドのあるサンルームも、陽が高くなるまではひんやり。
ここがお気に入りのモコは、毎朝必ずやってきます。
でも今日は寒くてぎゅっと丸くなっていたみたいね。
しっぽもピタッと、手も内側にしまってまるでアルマジロみたいです。
このアルマジロが猫に戻るまでの様子をご覧ください。

書いている人
racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家、調理師のracssです。
racssblogでは暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中です。
最近のお気に入りは家庭菜園と古家でのDIY。

racssをフォローする

背中をなでてみた

2丸い猫をなでる
弧を描いている背中が面白くて、弧に沿ってなでなで。
ついでに固くちぢこまった脚をゆさゆさしてみると?

手が出てきた

3少し手が出てきた
少しだけ手が出てきました。

もっと手が伸びて

4手がさらに伸びて
話しかけているともっと手が伸びてきました。
手のひらを開いたり閉じたり、グーパーしています。
機嫌いいみたいね。

起きちゃった

5頭を起こした
まだ目はつぶっていますが頭も起こして、完全に覚醒してしまいましたね、これは。

racss
陽が出てきたよー
もうあったかいよー
 

猫に戻りました

6足のおていれ
爪が伸びているのが気になったらしくガジガジ。
伸びた先がぽろっと取れました。

猫の爪のこと

うちの猫たち、滅多に爪切りさせてくれません。
普段は木の端材でバリバリと爪とぎしているので、伸びすぎて困るほどには伸びないのです。
生え変わりの三角の爪がときどき落ちています。
が、抱っこの時などたまに人間に刺さると痛いので、寝ぼけているときを見計らってこっそり切っていますけどね。

マミちゃん
私は絶対切らせないわ
 
よもちゃん
私もそれ、断固拒否!
 
ムク
うーん、どっちでもいいかなあ
 
モコ
あたしは自分でこまめにお手入れしてるもん
 

段ボールの爪とぎは、爪とぎというより破壊するのが楽しくなっちゃうみたい。
すぐ散らかって大変なので、母が嫌がって使わなくなってしまいました。
それで今は、よく猫が伸びをする位置につけてある木の端材が爪とぎ定位置。
あとはサンルームの柱というか窓枠でもバリバリ研いでくれていますが、そこはどんどん減ってしまうと困るので近いうちに爪とぎ用の端材を当てようかと。
それから先日購入のキャットタワーの脚が麻ひもを巻いた爪とぎスペースなので、2匹は時々使っています。

木の端材は気に入っているみたいですが、木にささくれができているから痛くないのか心配なときも。
端材に麻ひもを巻いてみようかな。
爪とぎ用には太さ6mmとかの太い麻ひもがいいみたいです。

この太さはキャットタワーの脚がボロボロにほつれてきたときの補修にも使っている人が多いみたいですね。
麻ひもは臭いがきついものもあるので、よく選ばなくては。

まとめ

アルマジロから猫に戻ったモコが爪をかじってお手入れを始めたところから、爪とぎの話でした。
そのうち、太い麻ひもを購入して端材に巻いて安全な爪とぎを作る予定です。

タイトルとURLをコピーしました