racss blog ハンドメイドと料理+猫 racssの日々の暮らし

旭山動物園冬の見どころペンギンの散歩(パレード)のおすすめ見学位置はここ!

北海道の動物園で全国的に有名なのが旭川市にある旭山動物園。
(住所:〒078-8205 北海道旭川市東旭川町倉沼)
それほど大きな規模の動物園ではないのにも関わらず、動物の見せ方がとてもおもしろく大人気ですよね。
冬ならではの見どころと言えば?

sponsored link

冬の旭山動物園はペンギンパレードが見どころ/春もやっています

ペンギンパレード旭山動物園

ぞろぞろ行進中。羽根がぼさぼさなペンギンがいるのは換羽期だから。生え変わり終わると滑らかな見た目になります。

旭山動物園の冬の見どころと言えば「ペンギンの散歩」。
雪が積もる毎年12月中旬から、3月中旬までの予定で、午前11時と午後2時半の一日2回行われます。

春が近くなっても雪が残ってさえいれば、そのままの予定で実施できるそうです。

旭山動物園のホームページによると通常3月4月のペンギンパレードは午前中のみに変更しているそうなのですが、2019年3月末はまだ午後のペンギンパレードも実施されていましたよ。

2019ペンギンパレードの様子

3月末の平日の午後行ってみましたが、親子連れで意外と混雑していました。
北海道内の子どもたちは春休みですね。
海外からの親子連れもすごく多かった。
ペンギンパレードはこの日も午後の部2時半から実施。

スタッフが後ろから付いてきますが、基本的にペンギンたちが自主的に歩いていきます。
先頭に立っているのがリーダーというわけではなく、誰か1羽が歩き出すとついていく習性があるそうです。

旭山動物園キングペンギンのパレード

キングペンギン行進中。奥側にいるやや茶色っぽい1匹はまだ子どもです。ペンギンの立って歩く高さは大体80cmほど。しゃがんで見たほうがよく見えます。

キングペンギンたちのうち、今日散歩に行きたい子が時間になると待機所に集まるそうです。
今日来たのはまだ小さい子含め9羽のキングペンギンです。
そもそもこのお散歩自体、冬になると水の中に入らなくなるキングペンギンの運動不足解消のために行われるもの。

つられて一緒にジェンツーペンギンも歩くことがありますが、今回はいませんでした。
フンボルトペンギンは寒さに強くないので、お散歩はしないようです。
イワトビペンギンは寒さは平気ですがパレードにはついてこないみたい。

ちなみに写真の中の緑の人口芝生は、パレード以外の時間にお客さんが歩くところ。
このお散歩コースは、3月4月ともなると残り少ない雪を集めてスタッフが作っています。
だからパレード以外の時間はコース保護のため立ち入れないようになっています。
園内を回る際、このお散歩コースを横断する際は緑の人口芝生の上を歩いてね、というわけ。

ペンギンの散歩の様子

大勢に囲まれていても、全然平気みたい。立ち止まってカメラ目線をくれたりするペンギンもいます。

よちよち歩いてゆっくりすすんでいきます。
見物客が前に出すぎると、スタッフさんが注意してペンギンに近づきすぎないようにしていますが、それでもほんとに間近の30cmくらいを通っていくので、ペンギンと目が合ったりできますよ。

ペンギンパレードを見るのにおすすめの位置はココ!

ペンギンのお散歩は大人気。
とても混みますので、15分前にはパレードコースの近くで待機しているのをおすすめします。

ペンギンパレードのコース

旭山動物園の園内マップ。 青丸の中の赤い矢印がペンギンの2019冬の散歩ルートです。

お散歩はペンギン館の前からスタートし、アザラシ館の前を通って奥の坂道から下り、イベントホールの前からキリンやカバ舎の前を通る形で戻ってきます。

・・・これが通常よくあるパターンのお散歩ルートですが、わたしが見に行った3月末はもう雪が少なく、アザラシ館の前の道はもう雪がありませんでした。
そのため、まっすぐキリン舎の方へ下って行ってイベントホール前あたりまででUターンするというコースに変更されていました。

今シーズンは2018年12月15日から始まったペンギンのお散歩でしたが、日々積雪状況によってコースの変更があるのです。

ペンギンパレードを見る際のおすすめの見学位置が3か所あります。

  • スタート地点
    スタート前のペンギンの様子をみたり、スタッフさんのパレード前の説明を聞きたいならペンギン館の前あたりに並ぶのがいいですね。
  • キリン舎の前
    できるだけ混んでないほうがいい、パレードが来るまで時間がかかってもいいという人は、キリン舎の前あたりまで行って待っていると見やすいです。
  • 戻ってくるのを待つ
    そしてペンギンたちは最後にペンギン館まで戻りますので、ペンギン館付近で帰ってくるペンギンを待っているのも賢い方法。
racss
この中で3つめの帰り道で待っているというのが最もおすすめですよー。

パレードが自分の前を通り過ぎると、満足して去っていくお客さんが多いんです。
バスの時間が決まっていてすぐ行かなくてはならない人もいますよね。
閉園までにまだ見たいところも残っていたりとかね。
それで帰り道まで待っている人はごくわずか。

ペンギンコースは往復で約500m。行って戻ってきます。
お散歩の時間はだいたいパレード開始から40分くらいです。

間近でじっくりペンギンたちを見てみたい人は、帰ってくるまで待っているか、戻り時間を予測してそのころにコースに来るか、という裏ワザを使ってみてください。
ペンギンの写真もじっくり撮れちゃいます。

ご注意!ここで最後にお土産を見る予定の人はちょっと注意。
冬の旭山動物園の営業時間は3時半までなので、2時半からのペンギンパレードを帰り道までゆっくり観察すると、最後にお土産を選ぶ時間が少なくなるかもしれません。
午後のペンギンパレードを見る前に、園内のショップでお土産チェックすることをおすすめします。

ペンギンパレードいつまでやっている?冬季営業は4月の第一週まで

旭山動物園キングペンギンお昼寝

パレードが始まる前まではのんびりお昼寝していたキングペンギンたち。 この中から行きたい子だけお散歩に出かけます。

旭山動物園の冬季営業は、例年11月中旬の日曜から4月の第一週の日曜までとなっています。

平成30年度の冬季営業は2018年11月11日から2019年4月7日まで。

今年、3月末では旭川市内の雪はほとんどなくなっていました。
でもスタッフがペンギンパレードのために残っている雪を集めてコースを作ってくれていました。
このままいけば、今年は4月7日の最終日までなんとかペンギンのお散歩を見れそうですよ。
(1日2回ではなく午前中11時からの1回に変更の場合も)
その後旭山動物園は20日ほど休みがあり、4月27日土曜日から夏季営業が始まります。

まとめ

この記事では、北海道旭川市にある旭山動物園の冬の見どころである「ペンギンのお散歩」をご紹介しました。

racss
他にも今年生まれた動物の赤ちゃんを見てきましたので、別記事に載せたいと思います。
関連記事 「旭山動物園は一日じゃ足りない!次の日も見れるお得なチケットとは?3つの割引購入方法から選んでね」

sponsored link