racss blog

「天に続く道」北海道知床で斜里を通るならぜひ見たい絶景スポット

calendar


この夏、斜里へ出張した時に初めて知ったのですが、地図にも載っている「天に続く道」。

28キロメートル以上も直線が続き、その先が空に向かって上がっていくように見える感動スポットです。
駐車場も撮影台も整備されていました。

スポンサーリンク

「天に続く道」への行き方と座標

斜里町とウトロをつなぐ国道334号線の、1本内側というか山側(ウナベツ岳側)の道路に「天に続く道」のスタート地点があります。

斜里町側から来ると「天に続く道」を逆走するようにしてスタート地点へ向かうことになるので、少し先まで行ってからウナベツスキー場へ向かう道へ右折して回り込むのがおすすめ。

ウトロ方面から来る場合は、ウナベツスキー場へ向かう道は左折で入ることになります。
曲がる場所には「天に続く道」の看板があるので目印にしてください。

そのあと右折し5分ほど直進すると「天に続く道」のスタート地点と撮影スポットがあります。

斜里町「天に続く道」

住所:北海道斜里郡斜里町峰浜 南3号線

座標
緯度:北緯43.90679778
経度:東経144.79868889

冬に雪が積もっている間は通行止めになります。

斜里町峰浜 天に続く道

「天に続く道」には駐車場と撮影台があります

スタート地点へたどり着いたら、左側に5,6台停められる駐車場があります。
畑に囲まれた駐車場で、これもまた北海道らしくていいです。


そしてちょうど見晴らしの良い場所に、撮影しやすいようにベンチと看板が設置されています。
そのベンチに座っている子供たちを後ろから撮る、というのがパパたちの間ではお決まりみたいですね。
微笑ましい光景です。

皆さん写真を撮ったらすぐ帰りますので、駐車場が入れなくてもちょっと待っていると空きます。

実はわたしがここを最初に通ったとき、駐車場があるのをわからず道の真ん中で写真を撮ってしまった。
後ろの撮影台にいた方には邪魔だったことでしょう。
ごめんなさい。

その時の写真、もう暗かったのでうまく映りませんでしたがこちら。

肉眼で見ると道の向こうに見える外灯がキラキラしていて、天へ導いてくれるかのような美しさでした。
日没後に訪れるのもまた良いと思います。

「天に続く道」の展望台は少し先にある

この「天に続く道」沿いの右側に木の展望台が設置されています。
スタート地点から大体300mくらいかな?
周囲の畑や後ろ側のウナベツ岳、左手には斜里岳なども見えるので、時間があったら登ってみるといいかも。

斜里の景色はどこも絶景


この「天に続く道」もそうですが、斜里町や隣町の小清水町、清里町の風景は本当にきれい。
田園地帯で小麦やジャガイモ、ビートの畑が広がっています。


7月下旬から8月頭に訪れたのですが、収穫時期を迎えた小麦の色、ほわほわと風になびく様子、ジャガイモやビートの緑とのコントラストが美しかった。


斜里岳の起伏にできる影もすてき。
このあたりには撮影スポットがたくさんありますので、ゆっくりドライブを楽しみたい場所ですね。

ついついスピードを出したくなるような道路ですが、ところどころ取り締まりスポットもあるので注意です。

「天に続く道」の近くのおすすめスポット

近くには「斜里焼」の器の窯元である「斜里窯」とカフェ「こひきや」があります。

日帰り入浴できる「ウナベツ温泉(ウナベツ自然休養村管理センター)」も小さいですが家族的でおすすめ。
「ウナベツスキー場」と「斜里窯」の間にあります。

斜里窯直営のカフェの様子はこちらからどうぞ。

知床のカフェ「こひきや」(斜里窯直営)でランチを食べてきた



この記事をシェアする

書いている人

racss

racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家、調理師です。
暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中。
最近のお気に入りは糖質制限の食事と家庭菜園。

お仕事のお問い合わせはメールフォームよりお気軽にどうぞ! [詳細]