racss blog

活動圏内にすてきなお店がたくさんありまして、おすすめをご紹介しようと思います。
なぜかカレーを出しているお店がよく目に留まる。

sponsored link

shandi nivas cafe(シャンディ 二ヴァ―ス カフェ)は畑の真ん中にあるカレー屋さん


shandi nivas cafe(シャンディ 二ヴァ―ス カフェ)にお友達と行ってきました。

ここ、住所は北海道夕張郡長沼町東4線南10、地図で見ても他に表示される建物もほとんどなく、周りは畑なんです。
カーナビがないとたどりつけないかもしれません。
札幌からだと1時間くらいで、国道274を通っていくと北広島市を過ぎて長沼町に入ったら右側のエリア、南長沼と呼ばれる地域にあります。

基本情報:
shandi nivas cafe(シャンディ 二ヴァ―ス カフェ)
古民家を改装したインドカレーのお店です。

北海道夕張郡長沼町東4線南10
駐車場あり 4台から5台

11時から18時まで、金曜土曜は20時までやっています。
月曜火曜はお休みです。

畑の間にある道路をたどりながら不安になりつつ「このへん・・・?」と行ってみると、普通の古い三角屋根の住宅の外観。壁際に薪がたくさん積んであるのでそれが目印と言えば目印ですが、通り過ぎてしまうかも。
道路縁に立っているかわいい看板を頼りに車を入れ、降りて入っていくとおしゃれな玄関が表れます。
「よかった、ここで合ってた」

玄関の引き戸を開けるとお店の方が出迎えてくれて、「靴のままでどうぞ」と案内してくれました。
築50年かそのくらいかな?という感じの家ですが、きれいに改装・ペイントしてあってすてきな味が出ています。
窓の外には田園風景が広がっていて、のどかでくつろぐ雰囲気。
席に座るとほっとします。

店内の写真、撮らなかったけど、いくつかの雑誌にも取材されたことのあるお店みたい。
冬の雪景色は絶対に見る価値あり。

甘いココナッツカレーを食べてみた


エビが入っているという白いココナツカレーを選んでみました。
サラダとライス付きで900円。

他に同じ値段でキーマカレーやチキンカレー、ベジタブルカレー、あと辛めのチキンマサラ、それから好きなカレーを2種類選べるセット(これだけ1200円)もあります。

さて、ココナツカレーのお味の方はあまくてクリーミー、ポタージュのようななめらかさ。
スパイスの香りはしますが、まったく辛くはありません。
ぷりぷりエビが入っています。
カレーに辛さを求める人は好きじゃないかもしれないけれど、わたしのその日の気分にはぴったりでした。

「こんなのカレーじゃない」という人は、インドとかネパールとかのカレーの定義を調べてみたらいいと思う。
あちらでは「カレー」という料理があるわけではなく、毎日のごはんで作っている日常の料理なので、具材によっていろいろな味があるわけで。だから甘くたって辛くなくたってカレーではあるわけですよね。
ま、日本では「カレーライス」の概念が強すぎるから、この白いクリーミーなカレーが期待していたものと違うという気持ちは良くわかります。
でもそれをわかった上でマイルドなものを食べたいという日におすすめ!

デザートにマンゴーラッシーと黒ゴマケーキ


メニューにあったドリンクは、コーヒーや紅茶、チャイやカボスソーダなどあってどれも400円台かな。
コーヒーや紅茶はランチと一緒に頼むと300円になります。

私はデザートとしてマンゴーラッシーを頼みました。さわやか。
一緒に行った人はスパイスホットチョコレートを頼んでいたので味見させてもらいましたが、こちらのほうはわたしがいつも作るスパイス入りココアと似てた。

それから「本日のケーキ」として店内の黒板に書かれていた2つのうち、黒ゴマのケーキを注文。
みてびっくり、真っ黒で、ガトーショコラの黒ゴマ版って感じですね。
このケーキはレジのところに並んでいれば購入もできます。

shandi nivas cafe(シャンディ 二ヴァ―ス カフェ)はドライブデートにおすすめ

racss
のんびりドライブデートのときに立ち寄りたいお店ですね。
お友達3人とか4人でも大丈夫。

今回は4人で行ったのですが、店内には6人は座れるテーブルが一つあり、そのほか4人掛けが一つ、2人テーブルが二つ、それからカウンター席が3つ、かな?といろいろな席があります。
お子様カレーもメニューにあったし、実際に子供連れの家族も来ていたのである程度お行儀よくできる子供たちなら連れていける感じのお店です。

racss
ただし、人気店みたいで後から来たお客さんは席がなくて外の車で待たされていました。時間の余裕のあるときに行ってみるのがおすすめですね。
または、入れなかったら行ける別のお店も見つけておいた方がいいかも。

ちなみにこちらのカレーはインドで学んだ作り方をベースにインドのスパイスと北海道の材料を使って作っているとのこと。
カレーのお味としては食べやすくて(キーマカレーとチキンマサラも味見した)女子向きですが、辛いのがいい人のためにスパイスが用意されているのでそれをかけて好みの辛さにすることもできます。
ライス大盛りも無料ですから、男の人と行っても満足してもらえるんじゃないかと。

お店のホームページもありました。
shandi nivas cafe(シャンディ 二ヴァ―ス カフェ)HP
店主さんの撮る風景写真も載っていてとっても美しいですよ。

racss
このあとドライブを続けるなら、長沼方面をさらに千歳側の奥に進んで、アイスを食べに行くコースがいいと思います。
長沼にはアイス屋さんがたくさん。
また紹介しますね。

sponsored link



sponsored link