racss blog

低糖質ないちごのヨーグルトソースの作り方は塩使いがコツ!

calendar

「できるだけ糖質オフ生活」、続けています。
ヨーグルトはお腹のためによく食べるのですが、プレーンヨーグルト自体、多少の糖質があるんですよね。

だからフルーツを入れたりジャムを入れたりするときは、なるべく糖質のないものを選ぶ必要があります。

racss
イチゴやブルーベリーは、フルーツの中では糖質が少な目のほう。

このあいだ摘みたてイチゴをたくさんいただいたので、保存のきく低糖質ヨーグルトソースを作りました。

スポンサーリンク

分量の目安

分量は目分量なのですが、目安を載せておきますね。

材料
生のイチゴ 500g
塩 小さじ半分
パルスイート(液体)大さじ3

 

砂糖の代わりに糖質ゼロの甘味料を使うことで糖質カットできます。
煮詰めるので甘味料は少なめにして、素材の味を楽しむのがおすすめです。

そしてこの作り方では塩を使うのがポイント

作り方:苺の水分をたっぷり出すと水はいらない


半分に割ったイチゴに、塩をまぶしておきます。
しばらく置くと、びっくりするくらいたくさんの水分が出てきます。

普通のジャムを作るんだったら、砂糖をまぶしておいて一晩置くという方法を使うレシピもありますよね。
でも糖質カットしたいときや、急いで作りたいときはこの「塩ひとつまみ作戦」が有効です。

ムク
しょっぱくなるんじゃないの?
 
racss
かすかな塩味は甘さだけよりも複雑な味わいで美味しく感じるんだよ。
 
夫くん
最近「塩スイーツ」も多いよね。
 

作り方続き:パルスィートを加えて煮る

水分がたくさん出てきたら、糖質ゼロの甘味料を加えて火にかけてコトコト煮ます。
(わたしは液体のパルスイートを便利に使っています)

10分くらいでいったん火を止め、イチゴを取り出します。
これは形を残したいからで、完全にトロトロのソースにしたい場合はそのまま煮詰めていいと思います。


水分が半分程度になるまで煮詰めます。
15分くらいかな。

途中、白い泡状のアクをすくって取り除きます。

水分が半分程度になったらイチゴを戻してできあがり。

冷めると少しとろみが増えます。

味が薄いイチゴはソースにするのがおすすめ


ヨーグルトにかけてさっそく味見。

夫くん
イチゴの食感が残ってるのもいいね。
 
racss
ほのかな塩味がいい仕事してます。
 
実は、熟してはいるものの、雨続きだったせいか甘みが少なめのイチゴだったのです。
でもイチゴ自身の水分で煮詰めるこの作り方のおかげで、イチゴの甘酸っぱさが引き出されたソースになりました。

ヨーグルトソースとしての使い方の他に、いろいろ使えます。

牛乳に混ぜてイチゴミルクに!
パンケーキのソースとして!
肉料理のソースに!
(チキンソテーやポークソテーにちょっぴりつけると意外な美味しさなんです)

racss
糖質カットの塩イチゴソース、作ってみてね!



この記事をシェアする

書いている人

racss

racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家、調理師です。
暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中。
最近のお気に入りは糖質制限の食事と家庭菜園。

お仕事のお問い合わせはメールフォームよりお気軽にどうぞ! [詳細]