racss blog

4匹の猫がいる暮らし

time 2016/09/12

昨年、親と同居になってから、4匹の猫のいる暮らしを満喫中。

sponsored link

うちの猫、ご紹介します

甘えん坊の男の子・ムク

1歳のキジトラ雄「ムク」。
img_0152
写真では見えませんがグリーンの首輪をしている、我が家唯一の男の子猫。
遊び大好きの甘えん坊です。

ムク
ごはんより遊んでたいの!

聞き分けがいい女の子・モコ

同じく1歳のキジトラ雌「モコ」。
img_0134
モコは赤い首輪で、ちょっとやせっぽっち。鍵しっぽが特徴です。
とても聞き分けが良く、「だめだよ」とたしなめるとすぐにやめます。

モコ
あんまり美人じゃないって言われるけど、気にしてないもん!

この双子のキジトラは、うちで生まれたのでカメラを向けても安心しきっているのですが、あと2匹はなかなか撮らせてくれません。

ちゃっかりものの母猫・マミ

img_2502
双子のママで白混ざりキジ模様の「マミちゃん」がこの子。
ピンクの首輪がよく似合います。

唯一、白い色が入っていて、手足も鼻もピンク、美人さんのマミちゃんですが、ちゃっかりしているところがあります。

家でかわいがられていたのに、避妊手術の前日、家出!そして2ヶ月後、身ごもって帰ってきたという・・・。

マミ
だってどうしていいか、分からなかったんだもの。

みんなのリーダー・ヨモ

img_2503
これがママの姉妹猫でキジトラの「ヨモちゃん」。
一番のしっかり者。子猫と同じキジトラですが、毛が厚く、ふわっとしているので大きく見えます。

ヨモちゃんは、ちゃっかりマミ子が家出中も、ちゃんとおうちでいい子にしていました。
帰ってきたマミちゃんに対しては、強気で接します。
ちび猫たちにとっては伯母さんで、時々うなって威嚇しているときもあれば、なめてあげているときもあり。4匹の中ではボス的存在なのかな、という感じ。

でも、ヨモちゃんはカメラを向けると急いで逃げるので、いいショットが撮れません。
これは離れたところから撮ったので画像が粗いですね。

ヨモ子
素直になれないのよね・・・

もともと、家の裏に野良猫が産んだ子猫が家の周りで育っていたのを、父が可哀想だからと家で飼うことにしたのです。
それがマミとヨモですが、母猫の野良のしつけがきちんとしていたらしく、今でも用心深いところがあります。

4匹もいると大変なこともあるけど、複数いることで猫同士のコミュニケーションなど面白いシーンを観察できるのが楽しいですね。
これからこのブログにも時々(度々)登場しますので、よろしくお願いします。

sponsored link



sponsored link