racss blog

きじまりゅうたさんは料理研究家3世!男子向け料理レシピが人気です

calendar

reload


「きじまりゅうたの小腹がすきました」という番組を見つけて、「深夜の飯テロやめてー」と思いつつファンになったわたしです。

スポンサーリンク

きじまりゅうたさんのプロフィール・どうやって料理研究家になったの?

きじまりゅうたさんは1981年生まれ。東京育ち。
祖母は料理研究家の村上昭子さん。「おふくろの味」が評判でした。
母は料理研究家の杵島直美さん。

racss
生粋の料理研究家3世です!と言いたいところですが、すぐにはなれなかったそうです。
 

りゅうたさん自身はいったん立教大学へ進学し、観光学部を卒業。そしてアパレルメーカーに就職しています。
というのも、料理には幼いころから親しんでいたそうですが料理人になりたいと思ったとき、おばあちゃんの反対に遭ったのだとか。
そのおばあちゃんの村上昭子さんが2004年に亡くなった後、やはり料理の世界に入りたいということでりゅうたさんは調理学校へ1年半通って調理師になったそうです。
それから母である杵島直美さんのアシスタントを経験後、2008年に28歳で料理研究家としてデビューしたとのこと。

2008年に杵島直美さんとの共著で「定食屋さんのごはん」という本を出していますが、おそらくこれが初のレシピ本ではないでしょうか。
2009年には「弁当男子」でレシピ本単独デビュー、続けて出した「フライパンひとつで男めし」というレシピ本がヒットしました。
今ではテレビや雑誌の出演も増え、すっかりケンタロウさんのジャンルを引き継ぐ男性料理研究家となった感があります。

racss
ということで、きじまりゅうたさんは料理家の家に生まれて幼少期から料理のお手伝いをしていたわけですが、
いったんは料理と関係ない世界で就職後、改めて調理師免許を取得、杵島直美さんのアシスタントとして数年修業してから独立したということがわかりました。

なお、きじまりゅうたさんのブログでは、料理教室の予定も随時お知らせがありますよ。

きじまりゅうたさんのNHK料理番組は?

きじまりゅうたさんはNHKでいくつかの番組に出演中。

「小腹がすきました」で工夫された男子メニューが好評

2016年の3月からスタートした「きじまりゅうたの小腹がすきました」という番組でりゅうたさんを初めて見た時は、「板前っぽい新しい料理人さんがでてきたな」という印象。
ウェンツ瑛士さんがゲストのことが多く、独り暮らし男性でも冷蔵庫にあるもので作れるような、手軽でがっつり系のレシピを毎回紹介していたのでチェックしていました。

2018年に入ってからは放送がなくて終わっちゃったのかなと心配していたんですが、2月10日に放送がありました!
この回は韓国冷麺風のレシピの再放送でしたね。昨年で終了というわけではなかったようで、再放送は続くようです。個人的には見逃していた回も多いので、今後の放送を楽しみにしています。

「きょうの料理」では「おかず青年隊」として新鮮なレシピを紹介

また、「きょうの料理」にも何度か出演されています。
「きょうの料理」では他の3世料理人さん( 柳原尚之さんと 陳建太郎さん)と共に「おかず青年隊」として2011年4月から活躍。その中でオリジナルレシピも紹介しています。
やはり「おかず青年隊」の3人の料理は、幼いころから料理が身近だった2世、3世ならではのアイデアがこめられたレシピが多いという印象です。
私が気に入っているものもあるので、今度記事にしますね。

「趣味どきっ!」のスープ編で登場・斬新かつ体に良いアイデアレシピ

さらに「趣味どきっ!」の2017年12月と2018年1がつに放送されていた「簡単!極上!ヘルシー!わたしにご褒美スープ」編にも出演されていました。

その中のひとつがミネストローネに味噌を使うという斬新なレシピでしたが、体をあたためる効果抜群だそう。
いままで男子向けレシピばかりと思っていたけれど、女子にもうれしいレシピを紹介してくれたのが若干意外でした。

といっても、そういえば「小腹がすきました」の中では女子ウケもするレシピが結構あったんですよね。
マシュマロを使ったコーヒーゼリーや、焼き芋とお豆腐をクリームに使ったミルフィーユや、ふわふわのパンケーキのレシピもあったんです。
女優の仁村紗和さんとか、山口もえさんがゲストに来ていたときはそういう女子メニューでしたね。

racss
「小腹がすきました」のレシピをまとめた本とかないのかなあ。
あったら絶対に欲しいです。
 

きじまりゅうたさんのレシピ本でおすすめは

きじまりゅうたさんは2018年2月時点で14冊の本を出版しています。
さらにお母さんの杵島直美さんとの共著は2冊。枝元なほみさんなど他の料理家さんとの共著が2冊あります。

また2018年4月に「きじまりゅうたの食材2つでうまいっ!147品」という本が発売予定。

「ぜんぶ簡単どんぶり」は主婦にも参考になります

私のおすすめは、個人的な意見ですが一番きじまりゅうたさんらしいと思う「ぜんぶ 簡単どんぶり (はらぺこスピードレシピ)」です。
がっつり系で簡単ですぐできる丼レシピというのは、料理したくないけど「おなかすいたーごはんまだー」と言っている家族のためにちゃちゃっと作らなくてはいけない主婦の味方ですから!
表紙の甘辛味で焼いた玉ねぎの上にポーチドエッグの丼、材料少ないのに最高です。

「ぜんぶ もやしレシピ」は節約ヘルシーレシピとして活躍

それから、「どんぶりレシピ」のすぐ後に発売された「ぜんぶ もやしレシピ」。
野菜が高いこのごろ、お値段が安定しているもやしは今まで以上に家計のお助け食材ですよね。栄養価も高いですし。
淡白な味のもやしをご飯のすすむおかずに変えるレシピが参考になります。

きじまりゅうたのダイエットレシピ本が欲しい

きじまりゅうたさんは一時期結構ぽっちゃりしてましたよね。
短髪にハチマキ姿、前掛けをぎゅっと締めた「小腹がすきました」のキャラクターづくりは、いかにも美味しいものを作れそうな料理人という感じで好きでしたよ。

でも2017年の料理系雑誌「レタスクラブ」の特集で、ライザップ流ダイエットを実践したことでかなり引き締まったようです。
もともとスポーツをしていたりゅうたさんですから、運動しながら糖質オフのご飯に切り替えれば成果が出やすかったのではないでしょうか。
ダイエット中でも美味しいご飯を食べるために、自分で工夫したレシピを雑誌内で紹介していました。
その経験を生かしたレシピ本を出してくれないかな?

racss
先ほど触れた「ぜんぶ簡単どんぶり」の本の中にも数点、低糖質の丼メニューが出てはいるのですけどもね。

まとめ

料理研究家のきじまりゅうたさんは、おばあちゃん、お母さんも料理研究家という一家の生まれですが、自分で調理師学校へ通った努力家さんでした。
男子向きのがっつりごはんレシピを中心に、料理慣れしていない若い人でも気軽に作ることができるメニューを多数考案しています。

その他の料理研究家さんについての記事はこちら

藤井恵さんは時短料理と家庭の定番料理レシピを提案してくれる料理研究家です



この記事をシェアする

書いている人

racss

racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家、調理師です。
暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中。
最近のお気に入りは糖質制限の食事と家庭菜園。

お仕事のお問い合わせはメールフォームよりお気軽にどうぞ! [詳細]