racss blog

冷凍焼け(長期冷凍)のお肉を美味しく食べる方法を試してみた

calendar

reload

冷凍庫に入れっぱなしで冷凍やけしちゃったお肉ってパサパサ・・・でももったいないので美味しく食べるには?

スポンサーリンク

長期冷凍するとお肉がパサパサになる理由とは


冷凍庫の奥から発掘されたお肉、霜がいっぱいついていて「これ食べられるの?」っていう状態のことありませんか。
先日、お友達から「食べきれなくて」と分けてもらったお肉があったので、美味しく食べる方法を試してみました。
これはいいお肉なんだけど、残念ながら霜だらけの状態・・・。

そもそも、「冷凍焼け」と言われる状態になってしまうのはなぜなんでしょうか。
大きな原因はなんといってもお肉の水分が失われてしまうことです。
完全密封で一定の温度で冷凍されているお肉なら劣化が防げるのですが、扉の開け閉めや出し入れがあるとどうしてもその際に温度変化が生じ、お肉の内部から出てきた水分が表面について霜だらけになってしまいます。

これがひどくなると、部分的に乾燥しお肉の端が変色してしまうことも。
脂が多いお肉の場合、脂の酸化も気になります。
そこまで行く前になんとか美味しくいただきたいですね。

racss
それで、失われたお肉の水分を補充してあげれば元のジューシーなお肉に戻る!という説を聞きまして。
早速試してみようじゃないのとなりました。

塩水に浸けておくと復活する?!

ただのお水に浸けておくのではなかなかお肉の中に水分は入っていきません。表面がふやけるだけです。
そこへ「浸透圧」をかけてやるといいんだって。

racss
以前にエッセという雑誌に載っていた方法です。

お肉と同じ重さの塩水を用意します。塩の量は重さの3%です。
その塩水にお肉を浸けて2,3日冷蔵庫で保管します。
わたしは一晩だけやってみました。


一晩経つと肉汁が水に混ざって色がついているけど・・・ほんとにいいのこれ?
不安になりつつも、焼いてみることにします。

冷凍焼け肉の塩水漬けを焼いてみた


まずはキッチンペーパーにのせて水をよくきります。

racss
うんうん、この段階ではしっとり柔らかいお肉です。

ステーキ用のお肉だったので、フライパンでガーリックオイルを使って焼きました。
焼きすぎないよう、両面焼いてから火を止め、アルミホイルをかぶせて余熱調理しました。
そのあとでカットしてみると・・・

どうでしょうか、これはかなりしっとりと美味しそうな焼き上がりです。


フライパンに残った汁でソースを作ってタラリ。
実食!
これは・・・びっくりです。長期冷凍されていたお肉とは思えないジューシーさ。
本当に水分を補給してあげるだけで、食感は戻るんですね!

racss
この方法、おすすめです。

でもさあ、ちょっとブヨブヨしている気もするよ?

冷凍焼けしたお肉は煮込みにしたらいける

夫から辛口のつっこみがありましたので、他のレシピも考えてみることにしました。

やはり煮込み料理に使うのは定番で安定の方法かもしれませんね。
例えば・・・?

カレーとか
ビーフシチューとか
肉じゃがもいけるかな?濃い目の味で。

プラスチックみたいな「冷凍庫のにおい」がついてしまっている場合もあるので、味付けは濃いめでスパイスを効かせる料理の方がよさそう。

racss
適度な薄さにカットして、生姜焼きや照り焼きもいいかな。

やっぱり「パサパサ感」を和らげるには、タレとかとろみのある料理に使うのがいいと思います。

racss
タレに漬け込んでおくのはどうかな。
柔らかくなるよね。焼肉のたれか、ジンギスカンのタレならぴったりだと思う。

逆にパサパサを生かすなら、圧力鍋でほろほろにしちゃって、自家製コンビーフみたいにするのはどう?それをほぐして味付けしてチャーハンとかに使う。

racss
いいかも、もし豚肉だったら「コンポーク」?(笑)

いくつかアイデアが出ましたので、また試してみたいと思います。



冷凍焼けしてしまったお肉の食べ方アイデアのまとめ

今回我が家で出たアイデアをリストアップしますね。

・塩水を使って水分を補充する
・濃い目の味付けで「におい」を和らげる
・とろみのある料理で「パサパサ感」を和らげる
・焼肉のたれに漬け込んでから使う
・細かくほぐして使う方法も

こちらの記事もどうぞ。
「大根が高いときは切り干し大根でサラダを作ってみよう!意外な旨レシピ」
「炊飯器で焼き芋!簡単であまーい作り方」



この記事をシェアする

書いている人

racss

racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家です。
暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中。
最近のお気に入りは糖質制限の食事と家庭菜園。

お仕事のお問い合わせはメールフォームよりお気軽にどうぞ! [詳細]