racss blog

秋まきほうれん草と小松菜の育ち方 in北海道2017・9月からのチャレンジ

time 2017/09/06

北海道札幌近郊の家庭菜園で、秋からほうれん草を育ててみる記録です。
昨年に引き続き、今年(2017年)も植えます。

racss
寒さに遭ったあまーいほうれん草が食べたい!

sponsored link

2016年は冬が早く生育がいまいちだった

昨年の記事はこちら。
「北海道でも秋まきの野菜は作れるの?小松菜・春菊・ほうれん草をまいてみた」

昨年は9月12日頃にほうれん草、小松菜、春菊をまいて、11月に最終的に収穫を終えました。
でも去年は雪が降るのが早く、10月半ばに一度どさっと降って焦ったんでしたっけ。
また台風の影響で風が強く気温も低い日が続いたのでハラハラと見守りながらの栽培でした。

今年は早めにまこうと思っていたけれど、畑のスペースが空くのがやっぱり9月に入ってからになってしまう。
ということで、今年は1週間早い9月5日に種をまきました。
成長の様子はこの記事に随時追加していきます。

9月4日に土づくり


はっと気づいたらもう9月に入っていたのです。
枝豆を先週収穫したばかりのスペースが空いたので、そこをほうれん草エリアにすることにしました。
遅くにまいた枝豆がまだ3本ほど残っていますので、畝の半分を使います。

枝豆はビニールマルチをしたまま育てていたので、それを全部はがし、一度掘り起こしてコンポストから堆肥を持ってきて埋めました。

この畑は少し掘ると粘土質の層が出てきます。春に義父が土を掘り返してくれたとき、大根を作れるようにする予定で深く起こしてくれたのですが、粘土の層にぶつかってあきらめていました。
だけどそのときの粘土がだいぶごろごろ。大きな塊があるのでいちいち手でつぶしてばらばらに散らばします。
根気強く堆肥とよく混ぜていけば、何年かすればいい土に改良されるのではと期待しています。

枝豆の後にほうれん草を植えると生育がいいんですと。
コンパニオンプランツというやつですね。
だけれども酸性土壌を嫌うほうれん草のために、石灰をしっかり撒きます。

配合した肥料も少々ばらまいて、よく混ぜながらならしてできあがり。
水をたくさんまいて土となじませておきます。
ここまでが前日にしたこと。

racss
朝7時頃に作業したのですがその時間はまだ家の屋根の陰になる部分なんですね。画像をみて気づきました。

9月5日にほうれん草の種をまく


次の日。まだまだ日差しが強く暑い日です。
ここ数日はこんな感じみたいです。
日中は上がるけれど、朝晩の冷え込みがけっこうあります。
一日も早く種まきして成長してもらわなくては。
今年は早く寒くなるという長期予報もあるそうだけど、去年よりも早いなんてことあるかな?

この種は昨年亡くなった父がその前に買ってあった種。今年の春にもまきましたが、まだ残っていたので冷凍しておいたものです。

袋の裏を見ると、北海道でも9月末までまけることになっているけれど。
たぶんこのへんで普通に植える場合は大きくならないうちに雪の下ですね。(去年の例から考えて)


畝に対して縦に溝を作って筋蒔きしました。たくさんまいてどんどん間引きしながら大きくしようという作戦。
昨年は少ししか植えなかったので、間引きするのもかわいそうな感じがしてしまいましたが、結局のところ間引きしたほうが大きくなれるんですよね。
できあがり。あとは芽が出るのを待つばかりです。

9月5日小松菜エリアを整地・種まき


小松菜は、壁だけの「温室」内で春にほうれん草を植えていたあとで育てていて、いまだいぶ大きくなっています。
でもズッキーニをふたつ植えていた箇所が空いたので、そこにも少しまくことに。

手前にくしゃくしゃと丸められているのがズッキーニの抜いた株です。
その奥にはピーマンの株が3つ並んでいて、合間にサニーレタスが育っています。

このエリア、来年は縮小して半分だけにするつもり。
庭の真ん中にあたる位置なので、庭でバーベキューなどできるスペースにするつもり。
ということで半分くらいの位置にブロックをずらしました。

その内側、ピーマンの前のあたりに小松菜をまきます。

ここは秋になると午後の早めの時間にはもう日陰になるんですよね。
昨年ほうれん草を植えていたあたり。
小松菜は丈夫なのでここでも元気に育つのではないかな?

racss
とりあえず急いで種まきしました。
しばらく雨も降らない予報なので、水やりは欠かせません。
一雨ごとに寒くなるっていうから、降らないほうが成長にはいいのかもしれませんね。

9月13日 芽が出そろった

種まきした時の天気予報と少し変わって、朝のうち結構な量の雨が降る日が一日おきにあり、9月12日は朝から晩まで雨という。

そのおかげで、畑への水やりの心配はしなくて良かった。
ただし一雨ごとに寒くなってきています。
今日なんか、最高気温は22度の予報でしたが日が出ないせいか、とても寒く感じます。
日中10時から16時くらいまでは20度を超えていたようですが、朝晩は15度くらい。
種の袋の後ろに書いてあった、このほうれん草の生育温度は15度から20度くらいらしいので、ぎりぎりですね。

ほうれん草の芽は、種まきの5日後にはちらほら出ていました。(写真はなし)

そしてこれが今日(9月13日)の様子。大体出そろったのではないでしょうか。
今日も朝から雨が降ったりやんだりでしたので、雨の晴れ間に撮影。

近くで見るとこんな感じ。芽がくっついて出てきてしまっているところがたくさん。いずれ間引きですね。


こちらは小松菜エリア。小松菜は双葉なのでまたかわいいです。

ちっちゃいなあ。

秋からほうれん草や小松菜を育てるメリットは、やっぱり寒さに遭って甘くなることですね。
それからナガメなどの虫がいなくなるので、虫食いの被害が減ることもうれしいですね。
8月から育てているほうの小松菜は虫食いだらけですもん。
つづく。(この記事に追記していきます。)

sponsored link



sponsored link