racss blog

「赤いサイロ」は北海道北見の人気チーズケーキ!ふんわりとろけます

calendar

reload


(清月 公式ページより引用)

北海道の人気のお菓子で「赤いサイロ」というチーズケーキ、ご存知ですか?
実はこれ、北見の清月という老舗お菓子屋さんの看板商品なのですが、カーリング女子の日本代表チームが「おやつタイム」に食べていたことで注目を浴びましたね。
私も好きなお菓子です。

スポンサーリンク

黄色の正方形パッケージが北海道らしい

「赤いサイロ」は正方形の箱に1個の丸いケーキが入っています。直径10センチくらいかな。1個150円。
パッケージのベースはバターを思わせる黄色です。そこに赤いサイロが描かれています。
とても北海道らしいデザインですね。

ちなみにサイロとは牛のエサとなる牧草を積み重ねて発酵させるための建物です。
牧場にサイロというのは北海道でよくみる光景ですが、最近ではあまりなくなってきたような・・・。

「赤いサイロ」の味は

さて、「赤いサイロ」のお味と食感ですが、ややふんわりしたスフレ系とベイクド系の中間かな?
ニューヨークチーズケーキみたいなずっしり感はないのですが、しっかり焼いてあってふわふわなのに濃厚なお味。北海道のミルクとチーズをふんだんに使っているだけあって、しっとりした味わいながら後味はさらっとしているというか、べたべたしないというか、くどくないのです。

racss
濃厚なのに後味が重くないのって北海道のお菓子あるあるなんですが、何が違うんでしょうね?わかりませんが、道民としてはとっても自慢です。

ちなみに賞味期限は常温で2週間あるので、持ち帰る間冷やさなきゃ!とか焦らなくても大丈夫です。

racss
でも冷やして食べるのも美味しいですよ。

「赤いサイロ」は隠れた逸品

このチーズケーキ、北海道民の中では隠れた逸品として親しまれています。
平成8年に発売されたので、すでに22年も前からあるケーキなんですね。
過去にはJALのスーパーシートの乗客に提供されるお菓子として採用されたこともあったそう。

わりと最近では、テレビ朝日で放送されていた「シルシルミシル」というテレビ番組に出演したこともあります。(平成23年3月2日放送)
この番組内の人気コーナーの「全日本隠れたお土産K-1グランプリ」で第1回目に優勝したお菓子なんですよ。

この当時もものすごい人気になったようですが、今回はオリンピックで急に話題になったため、清月さんの通販ショップでも取り扱いを休止するほどの人気に。
実店舗のほうで見かけたら売切れないうちに迷わず購入して味わってみてほしいです。

「赤いサイロ」取扱店 買えるお店はここ!

清月の「赤いサイロ」が購入できるお店は北見市内に3つある清月直営店で購入できますが、北見以外にお住いの方はなかなか行けません。
北海道にいる私も直営店に行くのは無理。私の住んでいる札幌近郊から北見まで7時間かかっちゃいますからね!

racss
でも安心してください、札幌駅や、新千歳空港内のお土産屋さんで販売されています。

あとですね、割と近所のコンビニ型キヨスクがある駅で置いているのを見たことがあります(北広島駅とか、新札幌駅など)。なので、清月さんのホームページに掲載されていないけれど取り扱いのある場所もいくらかあるんじゃないかと思いますね。
北広島駅では元々少量だけ仕入れていたらしく、あっという間に売り切れていました。(←2018年2月22日追記)
北広島の三井アウトレットパーク内の「北海道ロコ」では北海道銘菓をたくさん置いていますが、「赤いサイロ」は以前から置いていなかったと思います。
千歳のアウトレットモール「レラ」にはありそうですが、こちらはチェックできていません。
あとは高速道路のパーキングエリアにあるお土産ショップとか探してみるのもいいかも。

東京の方は有楽町にあるアンテナショップ「どさんこプラザ」で仕入れを増やすとのことですのでぜひ!

(清月 ホームページより)
販売店はここ!

女満別空港内:BLUE SKY

新千歳空港内:さっぽろ東急百貨店
新千歳空港内:カムイン北海道
新千歳空港内:きたキッチン
新千歳空港内:BLUE SKY

JR北見駅:コンビニキヨスク北見店

丸井今井札幌本店地階:きたキッチン
JR札幌駅北口:北海道どさんこプラザ

東京有楽町:北海道どさんこプラザ

「赤いサイロ」がカーリング女子のお気に入りなのはなぜ?

オリンピックでカーリング女子の日本代表チームがエネルギー補給のおやつとして「赤いサイロ」を食べていたのはなぜ?

カーリングの競技時間はとても長くて、頭脳戦でもあることから、「おやつタイム」が設けられ、糖分や栄養補給をしながら作戦を練るそうです。
各チーム好きなおやつをもってきてあるそうで、見ているとカットフルーツやバナナ、ゼリー飲料なんかが多いんですが、その中でこのチーズケーキも食べていたのが「LS北見」の皆さんです。

ちょうど吉田夕梨花選手がこのケーキを紙をはがしながら食べているところが2月17日のNHKスポーツの公式ツイッター動画に映ったことから、全国的に大注目となってしまいました。隣にいる鈴木夕湖選手やコーチも食べていたかもしれませんね。
別の日のおやつタイムでも、みんなの中心には透明のビニールバックに入ったたくさんのおやつが。その中に「赤いサイロ」の黄色い箱もしっかり入っています。

チーム名にもおやつの選択にも地元愛があふれている

ちなみにカーリングチーム「LS北見」は北海道北見市の常呂町出身のメンバーを中心に構成されています。
正式名称は「Loco solare (ロコ・ソラーレ)北見」。

ロコというのは「常呂(ところ)町」と「ローカル」から音を拾ったそうで、ソラーレはイタリア語の「太陽」。
それでチーム名「ロコ・ソラーレ」の意味は「太陽の常呂っ子」だそうです。

地元を愛する気持ちがチーム名からも伝わってきますね。
試合の合間に、地元北見のなじみ深いお菓子を口にすれば、ほっとリラックスして肩の力を抜いて作戦が立てられたのではないでしょうか。

まとめ

北海道北見市にあるお菓子屋さん「清月」の銘品「赤いサイロ」。
北海道らしい美味しいチーズケーキです。

個人的に一番好きなのは「マルセイバターサンド」。
「マルセイバターサンドは賞味期限短め!食べ方の裏技とお土産にするコツ(六花亭)」



この記事をシェアする

書いている人

racss

racss

北海道在住のライター、ハンドメイド作家です。
暮らしの中での発見、試行錯誤を記録中。
最近のお気に入りは糖質制限の食事と家庭菜園。

お仕事のお問い合わせはメールフォームよりお気軽にどうぞ! [詳細]